四字熟語

漢字で書くよりカタカナ語の方がわかりやすい、、、


From:渡辺知応

『時空自在』もっとも新しい四字熟語ではないでしょうか?
もしくは、多くの人に認知されず空しく消え去るか、、、

さてさて、現代は頭脳(コンピューター)の時代ですよね。
私たちは日々、接続網(ネットワーク)を介して各種の情報庫(サーバー)を訪ねています。
そこでは、、、
日常的に有益な知識を得たり、無用の広告の海に溺れています。

個人電脳(パソコン)や携帯電脳(モバイル)は当たり前のこと、、、
まさかここまで!はと思いもつかない所にまで電脳細胞が侵入しています。

例えば、外出先から電源を入れる炊飯器やお風呂。
最近のiPhoneのアップデートではエアコンや室内の電気のスイッチのオンオフ、家の鍵の開け閉めまで出来るようです。
スゴイですねー。

量販店では万引き発見用に付ける集積回路細片(ICチップ)がペタペタとくっ付いています。

体内にも入っています。
病院と接続した心臓鼓動先導装置(ペースメーカー)がその代表格ではないでしょうか。

情報処理の網と装置はいたるところに配置されています。

さて、今回の四字熟語である『時空自在』はこれらのことを称してみてはいかが?
と、国立国語研究外来語委員会が提案したそうです。

外来語?
そうです。
『時空自在』はもともと『ユビキタス(ubiquitous)』という外国語なのです。
意味は、神がどこにでも遍く在る。神の偏在、その神ならぬ電脳版がこれにあたります。

『情報機器に限らず、現代のカタカナ語の反乱はなんとかならんのかいな?
外国語をそのまま日本語に持ち込むのではなく、日本語で言い表す工夫せなあかんなー。』
と、いうのが事の発端だそうです。

国立国語研究外所が知恵を絞って捻り出したユビキタスを四字熟語で言い換えた『時空自在』ですが、、、
世間の反応は今ひとつ冷たい感じがします。
たしかに、もう一工夫せなあかんなー。

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 四字熟語

    『四字熟語』は四字熟語なのか?

    From:渡辺知応 『四字熟語』は四字熟語なのか? ふと…

  2. 四字熟語

    侵略のセリフ『一衣帯水』

    From:渡辺知応多くの四字熟語は上下二字ずつわかれています。ただし、…

  3. 四字熟語

    四苦八苦ってどんな苦しみ?

    From:渡辺知応四苦八苦の末にやっと完成したよ!!といった具合に、『…

  4. 四字熟語

    乱雑や乱暴な様子を言う言葉

    From:渡辺知応 『狼藉者(ろうぜきもの)』という言葉は時…

  5. 四字熟語

    人生とは喜び、怒り、哀しみ、楽しむ、の繰り返し

    From:渡辺知応 人間の様々な感情を表す四字熟語『喜怒哀楽…

  6. 四字熟語

    『無病息災』を目指すなら病気をする事

    From:渡辺知応お寺や神社に行き、手を合わせて何かのお願いをする、、…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 四字熟語

    本当の国士無双は誰だ?
  2. 四字熟語

    漢字で書くよりカタカナ語の方がわかりやすい、、、
  3. 日本の風習

    どうして正月が『めでたい習慣』となったのか?
  4. 日本の風習

    そんなにお守りをぶら下げなくても、、、
  5. 日本の風習

    へそ手お辞儀はわざとらしい?!
PAGE TOP