四字熟語

単刀直入とその対極


From:渡辺知応

単刀直入。
『単刀』であって『短刀』ではありません。
たった一本の刀です。
ただ一人でたった一本の刀で敵陣に切り込んでいきます。

準備も何もあったもんではありません。
いきなり真っ直ぐに敵に対するのです。
こちらに準備がないだけに、もちろん相手にも用意がありません。
従って、相手のありのままの姿を見ることができます。

元々は禅の言葉でした。
『景徳伝灯録』という禅書の『霊祐』という僧の条に、、、
『単刀、趣に入れば、すなわち凡聖情尽き、体真常をあらわす』という文があります。
つまりこういうことです。
いきなり問題の要点に入ることで、凡人も聖人もその本性をあらわしてしまうということです。

現代普通の用法は、回りくどい前置き無しに直ちに本題に入る、そんな率直な話し方の時に使います。
しかし、ある時代のある地方の古い風習に面白いものがあります。

仲人を立てて結婚の申し込みをしにいきます。
そこではいきなり単刀直入に、お宅の娘さんを、、、などと切り出してはいけないといいます。
まずは訪問して世間話だけをして帰っていく。
で、また後日訪れる。
次は食事などを振舞われて帰る。
で、これを何度も繰り返す。
対応する側はもちろんのこと訪れる方も疲れてくる。
もういい加減本来の用件に入りたいと思うほどの前置きがある。
この地域ではこれが礼儀にかなっているそうです。

単刀直入はある種の美徳ではありますがその対極もあります。
そんなお作法もなかなか捨て難い。
およそ現代ではないとしても。。。

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. 四字熟語

    羊を追いかけた結末の話

    From:渡辺知応 『多岐亡羊(たきぼうよう)』という四字熟…

  2. 四字熟語

    最後に頼るのが仏様や神様である理由

    From:渡辺知応 しばしば、運がいいとか悪いとか、、、…

  3. 四字熟語

    東へ西へあちこち走り回る、、、

    From:渡辺知応現代人はとてつもなく忙しく毎日を過ごしています。こと…

  4. 四字熟語

    墓に布団は着せラレズ、、、

    From:渡辺知応 今日は、おっ!と思う記事を見つけたのでそ…

  5. 四字熟語

    馬の耳に、、、

    From:渡辺知応 『馬耳東風(ばじとうふう)』という四字熟…

  6. 四字熟語

    本当の国士無双は誰だ?

    From:渡辺知応『国士無双』とは、天下第一で優れた人物を言います。『…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 美しき日本の言葉

    のっぴきならない状態とは?
  2. ことわざ

    海老で釣られる鯛は幸せである理由
  3. 美しき日本の言葉

    てんやわんやの大騒ぎってどんな騒ぎ?
  4. 二十四節気

    なぜ、この寒い季節を『立春』と呼んだのか?
  5. 語源

    どうして、一日は『ついたち』と読むのか?
PAGE TOP