ことわざ

木から落ちた猿


From:渡辺知応

木を生活の場としている猿でも、木から落ちることもあるらしいです。
『猿も木から落ちる』とは、そうした得意な領域での失敗をいうことわざですが、、、
今回の題名にある『木から落ちた猿』ということわざは一体どういう意味なのか?
あなたはわかりますか?

このことわざは、どういう理由かで落ちてしまった猿に視点を置いているものです。
つまり、こういうことです。

これまで頼りにしていたものがなくなって、どうしていよいか困惑してしまう。そんな様子の時に使うものです。
それはそうでしょう。
自分の得意な領域をはなれたために無力になる。
それもそうでしょう。
そこには、しょんぼりした猿の姿が目に浮かびますよね。

『陸に上がった河童』や『水を離れた魚』など、同じような発想のことわざも多く存在します。
河童は本当のところどうだか知らないですが、魚は水を離れれば程なくして死んでしまいます。
それに比べれば、猿はまだ生きていかれますよね。
落ち込んだだけで済むなら挽回の余地はまだまだあります。

以前、どこかで、、、
『木から落ちても猿は猿だが、代議士が選挙に落ちればただの人』と言っていた政治家の方がいました。
うーん。。。誰だっけかな??

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. なぜお墓は石で作られているのか?
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. ことわざ

    内緒話は気をつけて!

    From:渡辺知応 いくら密かに密談をしても、、、 秘密…

  2. ことわざ

    転んでもタダでは起きないっ!!

    From:渡辺知応転んでもたたでは起きない。と言えば、、、 (さらに&…

  3. ことわざ

    おおむこうをうならす

    From:渡辺知応 『大向こうをうならす』ということわざがあ…

  4. ことわざ

    刃と人の共通点

    From:渡辺知応あいつ、ホントいい加減な仕事をしやがって、とうとう焼…

  5. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について

    From:渡辺知応『医者の不養生』ということわざがあります。これは、病…

  6. ことわざ

    人を呪わば穴二つ

    From:渡辺知応 新聞を開けば、人を恨んで暴力行為に及んだ…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. ことばの由来

    語呂合わせが変化した『あたりまえ』について
  2. 日本の風習

    盆踊りと日本独自の『恋のシステム』とは?
  3. 四字熟語

    羊を追いかけた結末の話
  4. 日本の風習

    『あの世』はどこにあるの?
  5. 美しき日本の言葉

    なぜ、物が使えなくなる事を『オシャカになる』というのか?
PAGE TOP