美しき日本の言葉

尾を振る犬は叩かれず


From:渡辺知応

『窮鳥懐に入れば猟師も殺さず』
これは、逃げ場を失った鳥が懐に飛び込んでくれば、鳥を撃つのが仕事である猟師であっても、哀れに思って殺したりはしないということからであります。
つまり、、、決死の覚悟で相手の懐に飛び込むとまでは行かなくても、恭順の意を表している者を殴りつけるわけにも行かないといった意味ということです。

『尾を振る犬は叩かれず』も同様のことわざです。
あからさまに尾っぽを振ったり、肩の埃を払ったりするのは卑屈ですが、、、
まぁ、そこまでしなくても人当たりをよくするように心がけていれば、敵視されることはないということですね。

さて、このことわざは犬に向かって尾を振りなさいと忠告していることわざですが、、、
尾を振る犬を受け入れる側の者に対して忠告することわざもあります。

『尾を振る犬も噛むことあり』

ブンブンブンブンと尾っぽを振って愛想よくしている様でも、、、
ガブリッ!と噛まれて痛い目に合うぞ!気を許してはいけない!そんな奴こそ気を引き締めて見ていなければならないと注意を促すことばです。

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. トイレに唾を吐いてはいけない理由

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    クリスティアーノ・ロナウドが刺青を入れない理由

    From:渡辺知応『あたら』という日本語があります。最近ではあまり聞き…

  2. 美しき日本の言葉

    拝啓 つつがなくお過ごしのことと存じます。

    From:渡辺知応 『つつがなくお過ごしのこと存じます。』と…

  3. 美しき日本の言葉

    総スカンの『スカン』って何?

    From:渡辺知応 『仲間うちから総スカンを食らう』や『いい…

  4. 美しき日本の言葉

    なぜ、物が使えなくなる事を『オシャカになる』というのか?

    From:渡辺知応『オシャカになる』といえば、、、作る過程において失敗…

  5. 美しき日本の言葉

    男時と女時はどんな時?

    From:渡辺知応昇進が決まり、持っている株の値があがり、フットサルの…

  6. 美しき日本の言葉

    夏だけど、、、春はあけぼの

    From:渡辺知応最近では、おもむきある言葉もあまり聞かなくなってきた…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 美しき日本の言葉

    尾を振る犬は叩かれず
  2. ことわざ

    『たなぼた』という簡略語
  3. 二十四節気

    春を心待ちにする人々の気持ちが最高潮に現れた言葉?!
  4. 二十四節気

    『暑さ寒さも彼岸まで』は単なる気候の変化だけではなかった
  5. 日本の風習

    呪い(まじない)とは?
PAGE TOP