二十四節気

雨季でもないのに『雨水』という言葉をなぜ春の季節に用いたのか?


From:渡辺知応

寒い日が3日続くと、その後の4日くらいは暖かい日が続く。
そう、三寒四温さんかんしおんのことね。
これを繰り返しながら、だんだんと暖かくなり春へと向かうわけだ。

この言葉と同じように、江戸の暦(太陰太陽暦たいいんたいようれき)において太陽がもたらす季節感を取り入れる役目を果たしている、二十四節気にじゅうしせっきというものがある。
今年は2月18日から二十四節気の1つである『雨水うすい』の時期に突入するわけだ。
現代の日本人は、この時期にはピンとこないと思うけど、旧暦では雨水を目安にして農耕の準備が始められていたんだよね。
つまり、どれだけ良いスタートが切れるかを伺っていたんだよね。

さて、この雨水とは、雪が雨に変わり積もった雪が解ける時節を意味するわけだ。
と言っても、その変化はきわめて微妙なんだよね。
雨も降れば雪も降る。
そして、この時節に降る雪は水分が多い。
これらの雪を『濡れ雪ぬれゆき』または淡くて解けやすい『淡雪あわゆき』なんて言ったりもする。
稀に雪と雨が同時に降ることもある。
これはあなたも馴染みがある言葉で『みぞれ』という。
古い言葉では『雪雑じりゆきまじり』『雪交じりゆきまじり』『氷雨ひさめ』などともいうんだよね。

ちなみに『春雨はるさめ』は、若芽の出る頃に降る雨を言う。
これは雨水の時節から2週間ほど後の事象になるので時期を見て記事にしてみようかとも考えているのでここでは割愛。

で、話を戻すと、旧暦の習いでは、雪がたくさん降る年は豊作になると言われている。
まぁ、雪が降らずに豊富な水源が確保できなければ育つものも育たないと考えれば合点が行くよね。
なので、雪のことを『瑞花ずいか(めでたい花)』と呼んだそうだ。
つまり、昔の人は、雪の降りつもる冬の最中に農事を開始する『雨水』を見通して準備をしていたわけだ。
でもって、さらには秋までの実りまでを季節の移ろいで予測しながら進めていたわけだ。

この雨水がどういう時節なのかは七十二候しちじゅうにこうの区分で考えてみるとより鮮明にわかってくる。

雨水の初侯しょこうは、新暦の2月19〜23日(今年は2月18日〜22日)ごろで『土脉潤起つちのしょううるおいおこる』という。
土が湿り気を含み出すことを表す言葉ね。
俳句の季語にもあるんだけど、春の雪や霜が溶けて生まれるぬかるみを『春泥しゅんでい』というんだ。
道が舗装されていなかった頃、そのぬかるみに春先の雨が降ると、交通は大変不便になるよね。
春泥には昔の人々のそんな思いも残っているわけだ。
あらゆる交通路がアスファルトで舗装された現代では忘れ去られた感覚だよね。

新暦の2月24日〜28日頃(今年は2月23日〜27日)に当たる次候じこうは『霞始靆かすみはじめてたなびく』という。
霞が立ち込め始める時節を表した言葉だね。
この時節に葛城山かつらぎさんあたりに登り、山頂から奈良の街を眺め下ろすと、低く込めた霧の中に頭を出した小高い山々が浮島のように見えるんだよね。
北海道の雲海みたいなイメージね。ん?雲海とはちょっと違うかな。。。

『霧立つ春日の梅の花山の嵐にふりこすなゆめ(万葉集)』という有名な歌もある。
つまりは、大和大国の春には霞がよく似合うとうこと。

また、昔の人は、山にかかる霞を山の衣装にたとえたそうだ。
結果的に『霞のころも』『霞のそで』『霞のつま』『霞のすそ』といった言葉を生み出したのだ。

新暦の3月1〜5日(今年は2月28日から3月4日)頃にあたる末候まつこうは『草木萌動そうもくめばえいずる』という。
この時節になると、いよいよ地中から若芽が吹き出てくるわけだ。
がしかし、芽が出ると言っても、ほんのわずかに顔を出すだけ。
なので、意識して探さないと見つからないのだ。
そればかりか、春の淡雪の下に隠れてしまっていることもある。

春日野かすがの下萌したもえわたる草のうへに、つれなく見ゆる春のあは雪

といった歌がある。
この『下萌え』とは、人目につかず吹き出た新芽のことをいうんだけど、、、
昔の人は、たとえ若芽の姿を目にとらえることができなくとも、雨水の末候という時節によって下萌えの気配を感ずることができた。といったことを伝えたかったんだと思う。

この雨水の最後になれば、現代でもようやく春の訪れを肌で感じることができると思う。
新生活や新たな道に進む人も多い時期だよね。
雨水の頃は農業の準備をする時期だと、初めに伝えたけど、、、
現代では農業の準備はしないけど、新たなスタートの準備を始めるには適した時期なのかもしれないね。
さて、あなたはこの春どんなスタートを切りますか?

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?

関連記事

  1. 二十四節気

    春を心待ちにする人々の気持ちが最高潮に現れた言葉?!

    From:渡辺知応 旧暦二月の初冬にめぐって来る二十四節気に…

  2. 二十四節気

    1年で最も寒い時期だけど、春はすぐそこを表す『大寒』について

    From:渡辺知応 1月も下旬になると、、、 「もうすぐ…

  3. 二十四節気

    『暑さ寒さも彼岸まで』は単なる気候の変化だけではなかった

    From:渡辺知応 二十四節気にじゅうしせっきを知らなくても…

  4. 二十四節気

    寒さが厳しくなる『寒の内』の始まり

    From:渡辺知応 旧暦の12月上旬には二十四節気の『小寒(…

  5. 二十四節気

    日本人にとっての『夏の季節』が3パターンあるって知ってた??

    From:渡辺知応 5月5日は子供の日でもあり、端午の節句で…

  6. 二十四節気

    百穀を潤す恵の雨の『穀雨』と魅力的だけどめっぽう強い女性たちの意外な共通点

    From:渡辺知応 思えば、日本という国は年中雨が降っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 日本の風習

    続・縁起をかつぐ仕組み
  2. 日本の風習

    「めでたさ」に隠された、本来のお正月の過ごし方とは?
  3. ことわざ

    『逃した魚は大きい』とは言うが、本当にその魚は大きいのか?
  4. ことわざ

    『たなぼた』という簡略語
  5. 語源

    へそくりの語源に迫る
PAGE TOP