日本の風習

なぜ、節分の日に豆を投げるのか?


From:渡辺知応

 

節分といえば、、、
日本国民のほぼ全ての人が『鬼に豆を投げる日』というイメージを持っているのではないでしょうか?

この日の夕方以降のニュースでは、各地の大きなお寺や神社にて有名人が盛大に豆まきをしている光景が映し出されますよね。

少し考えてみてください。
なぜ、『豆』を投げるのでしょうか?
なぜ、『鬼』に投げるのでしょうか?

では、『豆まき=節分』の深いところをお教えしましょう。

まず、節分とは、太陽の運行を基準に1年を4つの季節に分けた時の分け目にあたります。
と、いう事は、節分は年に4回あるのです。

最もイメージが強い2月3日の節分は『立春』と言いますよね。
字のごとく4日から『春』になるということです。
※ちなみに、2月3日はまだ冬ですよ。この日を過ぎる4日から春になります。
また、年によって3日ではなく、4日の年もあります。

立春の節分と同様に、立夏、立秋、立冬の節分の日がそれぞれあります。

1年の初めという意味で立春の前日である今の節分だけが強調され、特別な日となっていきました。

また、1年を春と秋の二季だけに分ける考え方があり、春が年の初めと考えられてきました。
昔の暦では立春が新年の初日であることから、その前夜の節分は旧年の最終日となりますよね。
従って、この日に数え年の年齢が一つ増えるとされたのです。

また、この時期が年の始まりとしたのは、太陽の運行と月の満ち欠けのリズムが一致する時期なので年の始まりにぴったりといことだそうです。

春の到来にあたり、我が身に降りかかる一切の災難を振り払い、健康を維持しながら平和な生活を営むことができるようにととの願いを込めたのがこの春の節分なのです。

日本には穀霊信仰(こくれいしんこう)という考え方があります。
この背景には、豆には霊力があると信じられてきたのです。
新たな年になり、今年一年間に起こる人々の生活に危険を及ぼす厄災や邪気などを鬼に見立てて豆の力で追い払う。
という訳なのです。

年男が豆を投げるのは、十二支がちょうど一回りする年の男性ですよね。
つまり、この1年間、最もパワーがあると信じられてきました。
その力にあやかろうとする意味があるのです。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. 日本の風習

    『端午の節句』の主役は女性?

    From:渡辺知応来週の今頃はゴールデンウイークの真っ只中ですね。5月…

  2. 日本の風習

    スタバのソイラテは隠れたエナジードリンク?

    From:渡辺知応突然ですが、、、スターバックスはお好きで…

  3. 日本の風習

    東京と富士山の関係

    From:渡辺知応東京23区には40あまりのミニ富士山があります。富士…

  4. 日本の風習

    そんなにお守りをぶら下げなくても、、、

    From:渡辺知応占いが好きだったり、まじないやお守りに関心があるのは…

  5. 日本の風習

    日本独自の『家』の意識。家族と家系の違いとは?

    From:渡辺知応私たちは日頃、『家』と『家族』そして『家系』をそれぞ…

  6. 日本の風習

    【続】女人禁制をもう少し紐解く

    From:渡辺知応 先日、『女人禁制を少し紐解く』という記事…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 日本の風習

    初詣や初日の出はいつから”当たり前”になったのか?
  2. 四字熟語

    乱雑や乱暴な様子を言う言葉
  3. ことわざ

    物事は、なるようにしかならない話
  4. 日本の禁忌(タブー)

    迷信とはいったい何なんだ?
  5. 物事の始まり

    お彼岸の意味とは?
PAGE TOP