二十四節気

1年で最も寒い時期だけど、春はすぐそこを表す『大寒』について


From:渡辺知応

1月も下旬になると、、、
「もうすぐ暦の上では春だねー」といった会話があちらこちらで囁かれるが、、、
どこが春なんだ!と言いたくなるくらい寒いよね。
この時期は1年で一番寒い『大寒』と言われる二十四節気の1つなんだよね。

この『大寒』とは旧暦の十二月の中期に当たり、その言葉の通り1年で一番寒さが厳しい時期を表すのであるわけだ。
実際、この時期にはすんごい勢いで寒波が襲ってくる。
例によって今年も、先日から数十年に1度と言われるくらいの最強寒波が日本を覆っているよね。
「寒波が日本に8泊9日しているんです!」って言ってる天気予報士もいたしw
そりゃ寒いはずだよね。。。

さて、そんな『大寒』は1月20日から2月3日まで続くわけだ。
この期間も七十二候によって初候、次候、末候の3つに分かれている。

まず、初候は1月20日から24日までの『款冬華』
この三文字を『ふきのはなさく』と読める人はそうそういないはず。
なんて言ったって、『款冬(かんとう)』ですら、読めないのに、フキノハナサクとはね、、、
なんで、『款冬(かんとう)』がそう読むのかといえば、、、
この言葉は冬の氷を突き破る意で、『蕗の薹(ふきのとう)』の異名でもあるんだよね。
冬のさなかに氷を破って生えることからその名が付いたと言われているんだ。

まぁ、しかし『款冬』の異名をとる蕗といえども、このクッソ寒い『大寒』の初候に花を咲かせるわけではございやせん。
『ふきのはなさく』と読ませているのは、『フキノトウが芽を出すこと』を言い換えている言葉の綾なんだよね。

ここでちょっと『蕗の薹(ふきのとう)』について説明しておこう。
まず、『蕗』とは先に花茎(かけい)を伸ばしてから花を咲かせる。
そして、そのあとに葉を伸ばすわけだ。
私たちがフキノトウと呼んで、天ぷらにしたり、茹でて練り味噌をつけて食べている部分は、春のはじめに生え出る花茎なんだよね。
本格的な春を迎えて蕗の若芽が育ってしまったら、もう食べられないのだ。
その辺はタケノコと同じだよね。
そんな意味でも、蕗の若芽は冬と春の微妙な境を象徴する風物と言えるよね。

次候は1月25日から29日の『水沢腹堅(さわみずこおりつめる)』という。
草深い湿地に氷が厚く張った様子を表している言葉なんだよね。

そして、最後の末候は1月30日から2月3日までの『鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)』
いやはや、これこそ、、、読めないよね。
この言葉の意味は、庭に放たれた鶏が鳥小屋に入って卵を産み始めるということなんだけど、、、
『乳』はもともと『産むこと』を表す感じだったそうだ。
当時の農家で飼育されているとりは年中卵を産むが、、、
本来、鶏は冬に卵を産まないんだよね。
日照時間が長くなると産み始める習性がある。
鶏は日々の時を始めるだけでなく、四季の時を始める動物でもあったんだよね。

さてさて、この大寒が終わるとハレて春となるわけだ。
大寒のスタートと時を同じくして世界のある大国が新たな歴史をスタートさせるわけだ。
個人的には期待できる部分もあるし、心配な部分もある。
まぁ、何にしても0から1になる時が一番大変なわけで、期待もあれば不安もあるよね。
この0から1までの距離に比例して期待も不安も大きくなるのは世の常だよね。

となると、今現在の大寒の寒さが反動して、これから良い気候を作ってくるのかな〜
なんて、にわかに期待する大寒の朝でした。

 

追伸:
今日から弟がトリニダード・トバゴというカリブ海のある島に音楽留学?修行?に出発する。
50日間ではあるけど、人生の大きな経験になることと思うよね。
日本とトリニダード・トバゴのギャップ差は良くも悪くもあるだろうけど、その差が大きければ大きいほど吸収するものも大きくなるであろうと思う。
と、まぁ〜無事に頑張ってきて欲しいと願う大寒の朝でした。

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 二十四節気

    ツバメの巣に初恋の終わりを重ね合わせる季節の言葉とは?

    From:渡辺知応 江戸時代の『暦便覧こよみびんらん』には、…

  2. 二十四節気

    百穀を潤す恵の雨の『穀雨』と魅力的だけどめっぽう強い女性たちの意外な共通点

    From:渡辺知応 思えば、日本という国は年中雨が降っている…

  3. 二十四節気

    『暑さ寒さも彼岸まで』は単なる気候の変化だけではなかった

    From:渡辺知応 二十四節気にじゅうしせっきを知らなくても…

  4. 二十四節気

    なぜ、この寒い季節を『立春』と呼んだのか?

    From:渡辺知応旧暦の1年は二十四節気の一つである『立春』から始…

  5. 二十四節気

    春を心待ちにする人々の気持ちが最高潮に現れた言葉?!

    From:渡辺知応 旧暦二月の初冬にめぐって来る二十四節気に…

  6. 二十四節気

    寒さが厳しくなる『寒の内』の始まり

    From:渡辺知応 旧暦の12月上旬には二十四節気の『小寒(…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 四字熟語

    ダメ会社員のあるある『風林火山』ネタ
  2. 日本の風習

    『向こう三軒両隣』とは?
  3. ことばの由来

    『ぼんくら』の『ぼん』は◯◯用語
  4. 旅のレポート

    [画像あり]伊香保温泉の旅レポ
  5. 四字熟語

    最後に頼るのが仏様や神様である理由
PAGE TOP