物事の始まり

人と物が集まるコミュニケーションの場所とは?


From:渡辺知応

欲しいものを探しながら歩いたり、、、
売り手との値引きなどのやりとりを楽しんだり、、、
惣菜やお菓子などを食べ歩いたり、、、
催し物を見て楽しんだり、、、

なんだかとても楽しそうな娯楽の場所ですよね。
さてココはどこでしょうか?

そうです。市(いち)です。
普段、そこで商売していない、特定の売り手が時間と場所を決めてやってきて、その噂を聞きつけた買い手が集まることで生まれる、賑わいの場を、市と言います。

ここで売られるものはその市の趣旨によって変わってきます。

種芋や苗木のみを売る、苗木市
菊だけを売る、菊市
骨董品などを売る、骨董市
農業が機械化される前までは頻繁に行われていた、馬市
年末に開かれる、酉の市や年の市
年始にダルマや縁起物を売る、ダルマ市や十日エビス

などなど、、、
全国各地をみれば色々な市が開かれています。

市の商品をみればその市の特徴がよくわかります。
そしてその市を主催している人に縁起や市の役割などを聞くとその地域に根付いた習わしや風習が聞けます。

例えば、、、
和歌山県海南市で開かれている『下駄市』の始まりはお土産が由来するそうです。

問屋の見習い職人がお盆の休暇で故郷に帰る時、そこの主人が下駄を買い持たせたのが始まりだそうです。
市の伝承を伝えるのは、そこで商売をする人ではなく、市が開かれる土地の人々が主になっている事がほとんどです。

そうそう。私の友人や先輩はお寺で市を開いている方がいます。

静岡の友人は『お寺でマルシェ』という市を開いています。

マルシェとはなんのこっちゃい?
洒落っ気づいて、、、
なんて思っていましたが、マルシェはフランス語で『市』のようです。
私の個人的な意見ですが、なんとな〜く若い世代の人も気軽に入っていけそうな雰囲気がしますね。

調べてみると『お寺でマルシェ』は全国各地で開かれているようです。
各地のお寺で開かれている市に出向いた際はなんで市を始めてのか聞いてみるとそのお寺の伝承なども知ることができますね。
オススメです。

うちのお寺でもやろかな〜。ふふふ。

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. トイレに唾を吐いてはいけない理由

関連記事

  1. 物事の始まり

    近代家族の特徴と盲点

    From:渡辺知応『近代家族』という言葉を聞いた事はありますか…

  2. 物事の始まり

    『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?

    From:渡辺知応子供の頃に、両手の人差し指と中指をクロスさせて、…

  3. 物事の始まり

    過去と未来が関係する?『縁起をかつぐ』仕組み

    From:渡辺知応どんなに健康そうに見える人たちでも、身体にどこかしら…

  4. 物事の始まり

    読めない地名が出来た理由

    From:渡辺知応前回、難読地名のお話しを少ししました。難読地名とは言…

  5. 物事の始まり

    『道の神様』がいるのをご存知ですか?

    From:渡辺知応うぅ、、、肩が痛い、、、首も痛いし、その…

  6. 物事の始まり

    『和泉』は何と読むのでしょうか?

    From:渡辺知応学生時代の話です。私は立正大学の仏教学部に通っていま…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. ことわざ

    内緒話は気をつけて!
  2. 日本の風習

    サザエさんの家はなぜ平和なのか?
  3. 日本の風習

    え?江戸時代には31日がなかったの?
  4. 美しき日本の言葉

    なぜ命拾いをした時に『クワバラ、クワバラ』と言うのか?
  5. 美しき日本の言葉

    新シリーズ『美しき日本の言葉』とは?
PAGE TOP