物事の始まり

『和泉』は何と読むのでしょうか?


From:渡辺知応

学生時代の話です。
私は立正大学の仏教学部に通っていました。
当時の仏教学部は、1、2年生は埼玉県の熊谷に、3、4年生は東京の大崎にキャンパスがありました。
大学が大好きだった私は5年生まで通っていました。www

さてさて、1、2年生の時は熊谷にアパートを借りて生活をしていました。
地元の松戸までは車で100kmくらい。
ちょこちょこ帰れる距離です。
なので、週末になると地元に帰ってきて休みをエンジョイしていました。

そんなある日、地元に帰る際に大宮駅まで乗せて行って欲しいという友人がいました。
国道17号線を走っていると、前方の車のナンバーを見た友人が、、、

「ん?”わいずみ”って何処あるんだ?」と言ってきました。

「わいずみ?いやいやそれは”和泉(いずみ)”って読むんだよ〜」と、私が言うと、、、

「なんで?和がつくんだ?やっぱり、”わいずみ”だろーよ?」

「いやいや。和が付いても”いずみ”だよ!」

といった問答をしながら納得のいかない友人が折りたたみ携帯を取り出し、iモードで検索しました。

「あっ、、、”いずみ”だ。。。」と、つぶやいた友人の一言でこの問答は終了しましたとさ。

さてさて、日本には難読地名(なんどくちめい)が数多くあります。
この和泉も難読地名ですよね。

例えば、、、

1.青森県の『三厩』
2.秋田県の『象潟』
3.茨城県の『潮来』
4.群馬県の『六合』
5.千葉県の『八街』
6.京都府の『弥栄』
7.鹿児島県の『頴娃』
8.福岡県の『香春』
9.広島県の『御調』
10.岐阜県の『坂祝』

などなど
あなたは読めますか?

和泉は大阪の地域名で、元々は『泉』でした。
ですが、ある理由により『和』を付けるようになったのです。

では、どうして『和』がつくようになったのでしょうか?

スルッと答えを書くのは簡単ですが、、、
たまには頭の運動です。
上記の難読地名の読み方も合わせて、考えてみて下さい。

この続きや答えは次回の記事に書きますね。

難読地名の答えがわかった方は教えてくださーい(o’ー’o)ノ

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  3. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  4. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  5. 近代家族の特徴と盲点

関連記事

  1. 物事の始まり

    遠くの親戚よりも、近くの他人

    From:渡辺知応日本人にとって『親戚』とは、現実の生活の中で深く結び…

  2. 物事の始まり

    占いは本当に当たるのか?

    From:渡辺知応世の中には色々な占いがあるけど本当に当た…

  3. 物事の始まり

    公園デビューの主役は子ども?それとも大人?

    From:渡辺知応最近、私が住むお寺から最寄りの駅のちょうど間くらいに…

  4. 物事の始まり

    人と物が集まるコミュニケーションの場所とは?

    From:渡辺知応欲しいものを探しながら歩いたり、、、売り手との値引き…

  5. 物事の始まり

    読めない地名が出来た理由

    From:渡辺知応前回、難読地名のお話しを少ししました。難読地名とは言…

  6. 物事の始まり

    恐山の名前の由来

    From:渡辺知応あなたは『恐山(おそれざん)』という山を知っています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 3月 30日

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 美しき日本の言葉

    新シリーズ『美しき日本の言葉』とは?
  2. 出典 www.japan-f-coaches.com

    日本の風習

    どうして霊柩車を見たら『親指を隠す』のか?
  3. 日本の風習

    どうして子供の日に柏餅や粽を食べるのか?
  4. 日本の風習

    続・縁起をかつぐ仕組み
  5. 美しき日本の言葉

    夏だけど、、、春はあけぼの
PAGE TOP