Photo@SamCheong

日本の風習

子供だけじゃなく、怠け者にも関係する『節句』のお話


From:渡辺知応

さてさて、暦を見ると明日は『上巳(じょうし)の節句』です。
この『上巳の節句』は中国の呼び方で、日本では『桃の節句』や『ひな祭り(雛節句)』と言います。

また、もう一つ有名な節句は5月5日の『端午(たんご)の節句』ですよね。
『上巳の節句』と比べると『端午の節句』の方が聞いたことがあるのではないでしょうか?

『端午の節句』は中国の呼び方であり、和名では、、、
『菖蒲の節句』と言います。
うーん。なんだかあまり聞きなれない呼び名です。

さて、そんな『節句』ですが、1年を通して5回あるのをご存知ですか?

1月7日の『人日(じんじつ)』
3月3日の『上巳(じょうし)』
5月5日の『端午(たんご)』
7月7日の『七夕(しちせき)』
9月9日の『重陽(ちょうよう)』

があります。
これを五節句(ごせっく)といい、平安時代に中国から伝わり、江戸時代になり爆発的に民間へ広がっていったのです。

人日は、七草節句や七草正月と言い、この日は七草粥を炊いている方も多いはずです。
本来はお祝いの日なのですが、この風習は下火傾向ですね。

上巳は、先ほども言いましたが桃の節句やひな祭り(雛節句)と言い、雛人形を飾って、白餅や白酒を作ってお祝いをします。
今日では女の子の節句として定着していますよね。

逆に端午は男の子節句として定着していますが、、、
これには少し違う意味合いがあったりします。
詳しくは5月の初旬にお教えしますね。
端午は菖蒲の節句と言い、菖蒲湯に入ったり、菖蒲酒を飲むのでこの和名がついたとされています。
関東では柏餅を食べるようですが、関西ではちまきを食べてこの日をお祝いします。

七夕は牽牛(けんぎゅう:つまり彦星ですね。)と織女(しょくじょ:こちらは織姫です。)が出会う日です。
1年に1回しか会えない二人が出会う日なんです♡と、世間ではロマンチックにいう人もいますが、、、
まぁ私個人的には、1年に1回しか会えないのがロマンチックだというには現実的ではないと思ってしまいます。
ねぇ、、、まぁ。いいか。。。
ちなみにこの日は裁縫の上達を願い素麺を食べてお祝いするそうです。

また『七日盆』ともいわれお盆の行事の一部であったそうです。
うん。こちらの方が現実的だと感じるのは私がお坊さんだからでしょうか。。。

そして、重陽は菊の節句と言い、菊酒や栗ご飯を食べてお祝いする日なのです。

そうそう。これはあまり知られて居ない事ですが、、、
3月3日、5月5日、7月7日は同じ曜日なのです。

おぉ!トリビア〜!
と、まぁ、現代の生活にあまり関係ないので、あまり知られていないのでしょうね。。。

さて、今では『節句』と表記するのが一般的ですが、昔は『節供』と書いていました。
また、『節会』や『節日』とも言います。

五節句は1年のうちの重要な神祭りの日でした。
その時々に決められた供物を神様にそなえて、神様と人間が同じものを食べる日だったのです。
そこで、良いものは祝い、悪いものは祓うといった事が行われていました。

このことから節句は『祝日』に当たる日でした。
つまり、『休日』ですよね。

怠け者の節句働き(なまけもののせっくばたらき)ということわざの意味でも使われる『普段働かないで怠けている者が、みんなが休む節句に働くこと。』という言葉がそのことを実によく物語っていますよね。

ピックアップ記事

  1. 近代家族の特徴と盲点
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. トイレに唾を吐いてはいけない理由

関連記事

  1. 日本の風習

    え?江戸時代には31日がなかったの?

    From:渡辺知応江戸時代に『31日』は存在しなかった。ってご存知です…

  2. 日本の風習

    あなたは祭壇に何を残しますか?

    From:渡辺知応私たちは、お通夜やお葬式においてよほど親しい人が亡く…

  3. 日本の風習

    『七草の節句』に秘められた深い歴史とは?

    From:渡辺知応 あなたは旧暦の『五節句』を全て知っている…

  4. 日本の風習

    生活の中に潜む予兆の仕組みを解く

    From:渡辺知応SMAPの解散報道。いやー。今年一番の衝…

  5. 日本の風習

    妖怪と幽霊の違いとは?

    From:渡辺知応先日、こんな質問をされました。『幽霊と妖…

  6. 日本の風習

    『端午の節句』の主役は女性?

    From:渡辺知応来週の今頃はゴールデンウイークの真っ只中ですね。5月…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 日本の風習

    現代も続けられる”お百度参り”
  2. 日本の風習

    続・縁起をかつぐ仕組み
  3. 四字熟語

    人生とは喜び、怒り、哀しみ、楽しむ、の繰り返し
  4. 四字熟語

    馬の耳に、、、
  5. 物事の始まり

    過去と未来が関係する?『縁起をかつぐ』仕組み
PAGE TOP