日本の昔話

『絶対に見るな』と連呼する、ダチョウじゃない、ツルの話し。


From:渡辺知応

昔々あるところに、貧しくて結婚もままならない男がいました。
そんなある日、矢が刺さった一羽の鶴を見かけました。
かわいそうにと思った男はその刺さった矢を抜いてあげました。
助けられた鶴は大空に飛び立って行きました。

しばらくたったある夜の事です。
うわっ、、、、、、、
男は玄関先で腰を抜かすほどの衝撃をうけました。

なぜなら、その男の家にとてもとても美しい女性が訪ねてきたからで。
生まれてこの方、こんなに美しい女性が訪ねてきた事がなかった男はさぞ驚きました。

しかし何故だ?何故うちにこんな女性が来たんだ?新手の美人局か??

男はそう思いましたが、その女性はたまたま通りがかったのだといいます。
そして一晩泊めてほしいとの事でした。

これを機に男とその女性の同居生活が始まりました。
やがて二人は結婚し、幸せに暮らしていました。

ですが、貧しさは日に日にひどくなっていきます。

そこで、女房となった女性がある提案を男に申し出ました。

『私は機織りができるので、それを生活費に充てたらどうでしょうか?』

なんと!男は驚きました。断る理由はどこにもなく快諾すると、、、

『ただし、条件が一つだけあります。私が機織りをしているときは部屋の中を”絶対”に覗かないでください』

と言いました。
男はわかったと返事をしました。

それから3日3晩、女房は部屋にこもって機を織りあげました。
出来上がった織物はなんとも素晴らしい出来栄えでした。

男はさっそく街に行きその織物を売りに行きました。
すると驚くほどの値段で売れたのです。

ふたりはそのお金でしばらく生活をしましたが、、、
いつまでもあると思うな親と金の如く、そのお金も底をついてしまいました。

女房はまた機織りをすると言いました。
そして部屋にこもる際に、、、

『いいですか。”絶対”に覗かないでくださいね。”絶対”にですよ。”絶対”に、、、』

またしても男に注意をして部屋に入って行きました。

女房が部屋から出てきたのは4日目の夜でした。
疲れ果てた様子で男に手渡した織物は前回よりも素晴らしい出来栄えの物でした。

例のごとく男は朝一番でスキップをしながら街に繰り出しました。
当たり前ですが、前回よりも出来がいいので、当然値段も跳ね上がります。

それに加え、口が達者な男はこの3日の間に、自分が持ってくる織物の出来栄えがすごい事などを言い回ったそうです。

前回は3日でしかたが、今回は4日かかった事もあり、街では男の持ってくる織物の噂が立っていました。
実物をみた人々は我先にと押しかけ、その場に殺到したようです。
男の戦略が功を成し、織物はとんでもない高値で売れました。

そんな生活を続けていると男はどうしてあんなに素晴らしい織物が出来るのか知りたくなります。
毎回部屋にこもる女房の、
『いいですか。”絶対”に覗かないでくださいね。”絶対”にですよ。”絶対”に、、、』
の言葉も気になるので、男の頭の中は好奇心の塊です。

そして、とうとう男はその部屋を覗いてしまいます。

ですが、そこに自分の女房はいませんでした。
代わりにいたのは、自分の羽を抜いて機織りをする1羽の鶴でした。

部屋を覗いている男に気がついた鶴は、、、

鶴:『あーあ。あれだけ”絶対”に見ないで下さいね。と言ったのに見てしまいましたね。』

男:『いや、、、”絶対に、絶対に”って何度も言うから、てっきり見てくれって事かと、、、』

鶴:『いいえ。あれはダチョウの話です。私はツルです。』

男:『・・・・・・・・』

鶴:『冗談はさておき、私の本当の姿を知ってしまった事実は変わりません。なのであなたとはもう一緒に暮らしていけません。』

男:『なんでやねん。。。』

鶴:『日本のしきたり上とか、、、妖怪の定義とか、、、物語の設定上とか、、、』

男:『え??』

鶴:『とにかく、もう一緒にはいれません。ちなみに私はあなたに助けて頂いた、矢の刺さった鶴です。正体がバレてしまってはもう人間の姿に戻る事はできません。詳しくはここを読んでください。という事で、私の勤めは終わりました。さようなら。』

鶴の姿になった女房は織りかけの織物を置いて、空に飛び立ったそうです。

男:『えー!そんな、、、戻ってきてくれー。せめて織り上げていってくれー、、、』
と、男は元のダメ男に戻ってしまいました。

見るなの禁忌→禁忌破り→正体露見→破局という展開の鶴の恩返しという昔話は誰もが知っているお話ですよね。

日本を代表するこの昔話は、妖怪の時に話した、見ると力を失うと同様、見てしまった事により鶴が人間に変化する能力が失われた様子を描いた物語です。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  5. トイレに唾を吐いてはいけない理由

関連記事

  1. 日本の昔話

    なぜお墓は石で作られているのか?

    From:渡辺知応お墓と言えば、多くの方が石で出来…

  2. 日本の昔話

    歴史に名を残す台風の話

    From:渡辺知応 9月といえば、台風の季節ですよね。 …

  3. Photo@Tom Koerner/USFWS

    日本の昔話

    ハッピーエンドにはほど遠い、残酷なストーリーの昔話

    From:渡辺知応桃太郎や浦島太郎、さるかに合戦に花咲じいさん。鶴の恩…

  4. 日本の昔話

    秘密の部屋で育てられたお姫様のお話

    From:渡辺知応小学生の頃、何かの出し物で『竹取物語』を…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 日本のしきたり

    本当に日本人は宗教に寛大なのか?
  2. ことわざ

    7つ叱って、5つ教えて、0.03つ褒める
  3. 日本の禁忌(タブー)

    丑の刻参りを見てはいけない。
  4. Photo@霖霖七

    日本の風習

    ヨバイの心得
  5. ことわざ

    『下駄を預ける』とはどんな意味なのか?
PAGE TOP