二十四節気

百穀を潤す恵の雨の『穀雨』と魅力的だけどめっぽう強い女性たちの意外な共通点


From:渡辺知応

思えば、日本という国は年中雨が降っているよね。
初夏には梅雨があり、秋には長雨が降り、春のなかばには菜種梅雨なたねづゆの季節になるわけだ。
ちなみに『菜種梅雨』とは、菜の花が咲いていることからきた名称なんだよね。

さてさて、春のこの時季の雨は、霧のように細かく、そしてやわらかく降るよね。
新国劇の戯曲『月形半平太』で、半平太が口にする「春雨じゃ、濡れて参ろう」という台詞そのものだ。
つまり、傘をささずに歩きたくなるような心地の良い雨ってことね。
この時節は、百穀を潤す雨が降るという意味で、二十四節気では「穀雨こくう』というんだけど、、、

新暦4月20〜24日ごろに当たる初候は『葭始生よしはじめてしょうず」という。
足葺あしぶきの屋根、葦簀張りよしずばり、といったいった言葉で知られる葉の長い水草、葦が映える時節のことなんだ。
上古の日本は、『豊葦原とよあしはら瑞穂みずほの国』と呼ばれていた。
つまり、豊かに葦の生い茂る、みずみずしい稲穂の実る国と呼ばれていたほどで、いたるところに葦が群がり生えている国だったんだよね。

ちなみに『葦』の元々の読みは『あし』だが、、、
それが『よし』とも読むようになったのには理由があるんだよね。
まぁ、色々な役に立ってくれてる『葦』が『あし』=『悪し』となっては、葦に申し訳ないという理由がある。
日本人はなんとも言えない律儀があるよね。

新暦4月25〜29日ごろに当たる次候は『霜止出苗しもやんでなえいず』という。
ようやく霜が降りることがなくなり、稲の苗がすくすくと育っていく様子を表した言葉なんだよね。
しかしながら、『八十八夜(立春から数えて八十八夜目)の別れ霜』という言葉もある。
つまり、この時節はまだまだ夜に冷え込んで霜が降りる『寒の戻り』があるので油断は禁物だよ。ということ。
ちなみに『終霜の日』は、京都市で新暦4月9日、青森市では新暦5月3日とされているんだよね。

そして、最後は新暦4月30日〜5月4日に当たる末候は『牡丹華ぼたんはなさく
古くから観賞用や薬用に栽培されてきた牡丹がこの時季に開花するわけだが、、、
牡丹の花の色は赤、紫、白、薄紅などがあるけど、やっぱり代表的な色は赤だよね。
『立てば芍薬しゃくやく、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』
といった美しい女性を表している言葉もあるよね。

まぁ、牡丹の漢字をよくよく見てみると『牡』はオスを表す漢字にほかならない。
なんとも、この不思議な漢字表記を、一体どう解釈したらいいのだろうか?
謎だ、、、
とりあえず『男性のように烈しい情熱を持つ美女』とでも解釈しておこう。。。

しかしだよ。『男性のように烈しい情熱を持つ美女』というのは、古今東西の神話、戯曲、史実の中に数多く出てくるよね。

ギリシア悲劇のエレクトラ
日本神話のアマテラス
平安の女武者 巴御前
フランスの女騎士ジャンヌ・ダルク
朝廷討伐を主導した北条政子
スペインの無敵艦隊を破ったイギリスの女王エリザベス一世
現在進行形の東京都知事 小池百合子、、、などなど

いずれも、めっぽう強くて魅力的な女性たちだよね。
そしてある意味、男性よりもコワイ。。。

 

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

関連記事

  1. 二十四節気

    春を心待ちにする人々の気持ちが最高潮に現れた言葉?!

    From:渡辺知応 旧暦二月の初冬にめぐって来る二十四節気に…

  2. 二十四節気

    『暑さ寒さも彼岸まで』は単なる気候の変化だけではなかった

    From:渡辺知応 二十四節気にじゅうしせっきを知らなくても…

  3. 二十四節気

    雨季でもないのに『雨水』という言葉をなぜ春の季節に用いたのか?

    From:渡辺知応 寒い日が3日続くと、その後の4日くらいは…

  4. 二十四節気

    ツバメの巣に初恋の終わりを重ね合わせる季節の言葉とは?

    From:渡辺知応 江戸時代の『暦便覧こよみびんらん』には、…

  5. 二十四節気

    なぜ、この寒い季節を『立春』と呼んだのか?

    From:渡辺知応旧暦の1年は二十四節気の一つである『立春』から始…

  6. 二十四節気

    日本人にとっての『夏の季節』が3パターンあるって知ってた??

    From:渡辺知応 5月5日は子供の日でもあり、端午の節句で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 日本の風習

    『端午の節句』の主役は女性?
  2. 語源

    へそくりの語源に迫る
  3. ことわざ

    転んでもタダでは起きないっ!!
  4. ことわざ

    『縁の下の力持』の由来について
  5. 日本の風習

    なぜ『正月』を2回も祝う必要があったのか?
PAGE TOP