日本の風習

鯉のぼりが空を泳ぐ理由とは?


From:渡辺知応

前回、『端午の節句』の主役は女性?といった記事を書きました。
簡単にいえば、田植えと関係しており、女性は生命に命を吹き込む存在であり、その力をいただきたい。といった意味合いでした。

では、女性のための節供がいつどのようにして、男の節供にすり変わったのでしょうか。
鯉のぼりの由来はどのように生まれたのでしょうか。

まず、『端午の節供』は『菖蒲の節供』ともいいます。
その語源がいつしか『勝負の節供』や『尚武の節供』にすりかえられたと推測できます。
日本において、男性中心の社会が定着する中世後期から近世にかけての時期にです。
つまり、本来の意味であった『端午の節句』が忘れ去られ、言葉の語呂合せによって女の節供から男の節供にすりかわったと言えます。

では、本来は水の中を泳ぐ『鯉』がなぜ空を泳いでいるのでしょうか?
あの奇妙な物体である『鯉のぼり』はどのようにして生まれたのでしょうか。

実は鯉のぼりが誕生したのは江戸時代末期から明治初期にかけてであったと言われています。
その背景にはもともとの端午の節句の際に立てられた『幟(のぼり)』と、、、
江戸時代の武士たちが、その後の端午の節供に飾った『武者絵(むしゃえ)』に関係する言われています。

九州地方では、男の子の初節句に親戚が色とりどりの幟を贈る習慣があります。
幟は神社の祭礼の際に立てる事から、本来は神様の依代(よりしろ:神霊がよりつく対象物)でありました。

端午の節句に幟を立てるのは田植えをする女性が忌篭りをした場所を示す目印でもあったようです。
つまり、田の神様を迎えていた事に由来します。

その後、幟は男の子がたくましく成長するようにと神様に願をかけ、贈られ立てられるものへと変化したのです。
なので、そこには武者絵や立身出世をイメージするような絵が描かれていました。
まぁ、そこには縁起の良い『鯉』が描かれていたとしても推測できます。
鯉は長寿であり、滝も昇ることができる力強い魚です。
共食いもしないので、男の子に贈る幟の図柄としてはとても好まれたようです。

ですが、この幟が現代の鯉のぼりに変化すにはもう少し時間がかかります。
それは、鯉のぼりの先端に付いている”アレ”がヒントとなります。

そうです。『吹流し』です。
吹流しは戦国時代には自軍の陣地を表す標識でした。
自軍の聖域を表す、大事なシンボルとして扱われていたのです。

そして、この自分の象徴である『吹流し』と縁起の良い『鯉』が合体して現代のような『鯉のぼり』に変化したのです。

まぁ、この相当奇抜な発想は当時の常識を覆したのだろうと思います。
現代のように高い建物がない時代には、空高く舞う鯉のぼりは目立つ目立つ。

『おい。隣の家はずいぶんデカイのを泳がせてるぞ!うちもこうしちゃおれん!』

などといった感じで競い合っていたと想像できますよね。
鯉のぼりを考えた方はガッポリですね、、、

いずれにせよ、鯉のぼりはやがて日本全国に広まり、『端午の節句』には欠かせないものになりました。

ピックアップ記事

  1. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. 出典 www.japan-f-coaches.com

    日本の風習

    どうして霊柩車を見たら『親指を隠す』のか?

    From:渡辺知応先日の事です。お葬式の出棺の際に近くを通…

  2. 日本の風習

    無病息災や文字の上達を祈る火祭りとは?

    From:渡辺知応 前回の記事で『左義長(さぎちょう)』とい…

  3. Photo@霖霖七

    日本の風習

    ヨバイの心得

    From:渡辺知応今日はちょいっと面白い記事を見つけたのでそれを丸々シ…

  4. 日本の風習

    七夕が終わった後の短冊はどうするの?

    From:渡辺知応今日は七夕ですね。晴れるかな?あなたは短冊に願い事を…

  5. 日本の風習

    神に新化した妖怪がいるのをご存知ですか?

    From:渡辺知応日本を代表する妖怪アニメ。ゲゲゲの鬼太郎…

  6. 日本の風習

    盆踊りと日本独自の『恋のシステム』とは?

    From:渡辺知応実は日本には、想像した以上に豊かな『恋のシステム』が…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 日本の風習

    無病息災や文字の上達を祈る火祭りとは?
  2. 日本の禁忌(タブー)

    人類史上、最初に掟を破ったのは誰だ?!
  3. 美しき日本の言葉

    のっぴきならない状態とは?
  4. 二十四節気

    1年で最も寒い時期だけど、春はすぐそこを表す『大寒』について
  5. 日本の風習

    そんなにお守りをぶら下げなくても、、、
PAGE TOP