美しき日本の言葉

『たなごころ』に現れる日本人の心


From:渡辺知応

『私の頬をそっと包んでくれた母の”たなごころ”は、柔らかく、そして暖かい記憶がある、、、』
高校生の頃、教科書に載っていたこの文章の一節にある『たなごころ』が気になった記憶があります。

はて?『たなごころ』とはなんぞや?
今ならGoogle先生に聞くところですが、、、
まだその頃はいなかったので、自分で調べました。
どうやら『たなごころ』とは『手のひら』の事だと書いてありました。

さて、現代ではあまり使われていない『たなごころ』という言葉ですが、それでも我々日本人の心の内にはしっかりと根付いている美しき日本の言葉と言えます。

『手のひら』を漢字にすれば『掌』です。
でもまぁ、『たなごころ』と『掌』が同じ意味であれば、『たなごころ』とかなで書く方が優しい感じがしますよね。

それもそのはず。
もともとこの言葉は『手の心(てのこころ)』の読み方が変化した言葉だそうです。

手の中心や手の大事なところといった意が込められているのでしょう。
味わい深い、優しい響きの言葉ですよね。

冒頭であげた文章の一節でも『手のひら』や『掌』と書いてあるよりも『たなごころ』と書かれているからこそ、優しい気持ちが伝わってくるものです。
心が通っている雰囲気がありますよね。

あまり使わなくなったとは言え、現代に生き残った古語の通例として、多くは慣用句の中に生きています。
例えば、『たなごころを返す』とは、『手のひらを返す』と同様の意味で使われることもあります。
事態を一変させること、または『裏切る』といった意味です。

『たなごころにする』とは手中に収めるといった意味ですし、、、
『たなごころを指すごとし』といえば、物事が明白である様子を言います。

まぁ、どれも『掌』に変えて言っても同様の意味で通じるとは思いますが、やはり『たなごころ』の方がどこか相手に対しての優しさを感じますよね。

そんな『たなごころ』ですが、右手の『たなごころ』と左手の『たなごころ』を合わせると、、、

そう『合掌』ですよね。
私たち日本人はお寺や神社に行けば必ず『合掌』をします。

つまり、自分が持ち合わせている『たなごころ』を合わせる習慣があります。
誰に教わったわけでもなく、自然とその心が現れる日本人。

なんとも素敵な言葉だと思う日本語でした。

ピックアップ記事

  1. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  2. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    あの二人はいつの間にかねんごろになってしまったな、、、

    From:渡辺知応あの二人はいつの間にか『ねんごろ』になってしまったな…

  2. 美しき日本の言葉

    『しょぼくれる』とは『雨』を表した語句だった?!について

    From:渡辺知応『一回くらいの失敗でしょぼくれるなよ』とか『そんなし…

  3. 美しき日本の言葉

    全くあいつは『度しがたい』ヤツだ!

    From:渡辺知応あー!全くあいつは『度しがたい』ヤツだ!とか、、、あ…

  4. 美しき日本の言葉

    新シリーズ『美しき日本の言葉』とは?

    From:渡辺知応日本語は難しい、、、そう言っていたのは、日光で出会っ…

  5. 美しき日本の言葉

    『面食らう』のメンは、実は『麵』だった話

    From:渡辺知応驚いてあわてる様子やうろたえることを『面食らう』とい…

  6. 美しき日本の言葉

    十八番(おはこ)とは?

    From:渡辺知応おいおい〜その曲は歌っちゃダメだよ〜。俺の『おはこ』…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 二十四節気

    日本人にとっての『夏の季節』が3パターンあるって知ってた??
  2. 語源

    日本語の理解に苦しむ外国人
  3. 日本の禁忌(タブー)

    人類史上、最初に掟を破ったのは誰だ?!
  4. 四字熟語

    馬の耳に、、、
  5. 美しき日本の言葉

    総スカンの『スカン』って何?
PAGE TOP