四字熟語

東へ西へあちこち走り回る、、、


From:渡辺知応

現代人はとてつもなく忙しく毎日を過ごしています。
ことさら、日本人はその傾向が強いようです。

こういった、仕事や用事のため、東へ西へとあちこち忙しく走り回ることを四字熟語で、、、
『東奔西走(とうほんせいそう)』と言います。

この忙しく走り回るといったことは何も人だけではないようです。
『漢字』も忙しい時とそうでない時があるのです。

例えば、新聞上で『判』や『裁』『告』といった裁判がらみの漢字は3月に多く記載されるそうです。
逆に8月には減るそうです。
漢字にも季節要因があったとは驚きですよね。

きっと2020年の東京オリンピックの時は『五』の頻度が上がると予想されます。
なぜなら、前回の東京オリンピックがあった年に実施された新聞の漢字調査では『五』の頻度が高かったからです。
まぁ、あたりまえですよね。
『五輪』関係の記事が多くなるのですからね。。。

さて、今回の四字熟語『東奔西走』ですが、季節要因はあまり見られませんが、『国政選挙』がある時期に多く見られるようです。

この四字熟語が意味する通り東へ西へあちこちに忙しく動き回っている候補者を見かけますよね。
そしてそれを応援し全国を飛び回る各政党の党首クラスの人はそれこそ日本中を東へ西へ動き回っています。
ただでさえ過密なスケジュールに加えて、臨時のテコ入れをしに東へ西へ。
めったに帰ることもない地元へ顔を出しに東奔西走しています。

ある政党の党首は選挙の告示から投票日終了までの総移動距離が東京⇄ニューヨークを2往復分以上だとかなんとか言っていました。

いやはや。ホントに東奔西走ですね。ご苦労様です。。。

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  3. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?

関連記事

  1. 四字熟語

    馬の耳に、、、

    From:渡辺知応 『馬耳東風(ばじとうふう)』という四字熟…

  2. 四字熟語

    本当の国士無双は誰だ?

    From:渡辺知応『国士無双』とは、天下第一で優れた人物を言います。『…

  3. 四字熟語

    牛が一鳴きする距離

    From:渡辺知応 『一牛鳴地』という四字熟語をご存知ですか…

  4. 四字熟語

    百鬼夜行な人々

    From:渡辺知応 『百鬼夜行』という四字熟語があります。…

  5. 四字熟語

    質素な食事『一汁一菜』は本当に良いのか?

    From:渡辺知応『一汁一菜』とは一椀の汁と一品のおかず。それだけの粗…

  6. 四字熟語

    ダメ会社員のあるある『風林火山』ネタ

    From:渡辺知応『風林火山』と言えば、武田信玄の軍旗が頭に浮かぶので…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 日本の風習

    【続】女人禁制をもう少し紐解く
  2. 二十四節気

    百穀を潤す恵の雨の『穀雨』と魅力的だけどめっぽう強い女性たちの意外な共通点
  3. 旅のレポート

    [画像あり]伊香保温泉の旅レポ
  4. ことわざ

    現代では『柿が赤くなると医者が青くなる』とは限らない
  5. ことわざ

    毒食わば皿まで
PAGE TOP