ことわざ

刃と人の共通点


From:渡辺知応

あいつ、ホントいい加減な仕事をしやがって、とうとう焼きが回ったな。
と、言えば仕事の腕が衰えた事を言います。

ここ日本では、『焼きが回った』と言われるということは、、、
本人にとってはあまり良い意味で使われない事であり、耳に入ると怒り出す人もいる、沸騰ワードです。

さて、この『焼き』とはどういった意味なのでしょうか。

実はこの『焼きが回る』とは、刀を作る鍛冶屋の隠語でした。

もともとの語源の『焼き』は、刀の刃などを鍛えるために焼いたり冷やしたりする事を言います。
そのときに火加減を間違えて、鋼に火が回りすぎると、、、
出来上がった時の刀の鋭さが鈍くなるらしいです。

このことから、腕前や頭のはたらきが衰えることを『焼きが回った』と言うようになりました。

よく、怒ることを『焼きを入れる』と言いますよね。
この場合も程よく焼くことが必要であり、、、
あまりにもだらしないから焼きを入れてやろう!
と、意気込んで焼きを入れても、焼きが回りすぎるくらい入れてしますと、逆効果ということになります。
つまりは、逆上したり、不貞腐れてたり、と本末転倒となります。

あの新入り、ちょっと生意気だな。焼きを入れてやる!などと意味もなくいじめたりするのはもう論外ですね。
まぁ、今の時代それをやっちゃうとすぐに辞めてしまいますしね。

また、せっかく焼きを入れたのに、冷やすことをせずにほーっておくと『焼きが戻る』ことになります。
つまり、また焼きを入れ直さなければならなくなりますよね。

刀もしかり、人もしかり、焼きを入れて冷ます(考えさせる)
温と冷、隠と陽、飴とムチではないですが、表と裏、の使い分けは大事ですね。

ピックアップ記事

  1. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. ことわざ

    現代の『首尾一貫』について

    From:渡辺知応『首尾一貫』ということわざを知っていますか?まず、『…

  2. ことわざ

    本当に健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?

    From:渡辺知応 身体も精神も健全であることにこしたことは…

  3. ことわざ

    濡れ手で粟ならぬ、小銭を掴む話

    From:渡辺知応 濡れ手で粟(あわ)を掴む。 さて、濡…

  4. ことわざ

    スーパーの特売日でみる光景を表すことわざ

    From:渡辺知応 『餓鬼も人数』ということわざがあります。…

  5. ことわざ

    イワシの怒りのことわざ

    From:渡辺知応 『ごまめの歯ぎしり』ということわざがあり…

  6. ことわざ

    『犬が歩く』ことわざといえば、、、

    From:渡辺知応タイトルから連想して『犬も歩けば棒にあたる』を思…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 物事の始まり

    恐山の名前の由来
  2. 日本の風習

    生活の中に潜む予兆の仕組みを解く
  3. 日本の昔話

    歴史に名を残す台風の話
  4. 日本の風習

    どうして正月が『めでたい習慣』となったのか?
  5. 二十四節気

    春を心待ちにする人々の気持ちが最高潮に現れた言葉?!
PAGE TOP