美しき日本の言葉

お天道様についてのアレコレ


From:渡辺知応

御天道様(おてんとうさま)と言えば、太陽のことを敬ったり、親しみを込めて呼ぶ時に使う言葉ですよね。
お日様と同じですね。

さて『天道』とは元々、『てんどう』と読みますが、、、
文字通り『天の道』で、大自然を司る天や天の道理、摂理のことを言います。
天地を主宰する神様、つまり天帝のことですね。

それがやがて、太陽を意味する言葉になりました。
読み方も『てんどう』から『てんとう』に変わり、なんだか身近なものになりました。

『天道任せ』や『御天道様任せ』といった具合で呼ばれることもしばしば。
自然の成り行きに任せる、運を天にまかせる、という意味です。

また、『天道ぞ』といえば、天道に誓って、、、という意味になります。

ご飯を粗末にしては、お天道様に申し訳ないよ!
とか、、、
ほらほらお天道様が見ているよ!
などと言って、昔の人は子供を叱る場面を時代劇で見たこともあると思います。

親しみを込めて、『おてんとさま』や『おてんとさん』と短く言うことが庶民の間では広まったのも、時代劇が舞台になる時代から始まりました。

偶然に人の悪事が目に止まってしまった時などは、、、
『おてんとさまがお見通しだよ。。。』
とやんわりたしなめるように言えば、あまり角が立たないし、、、粋でもありますね。

ピックアップ記事

  1. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    『面食らう』のメンは、実は『麵』だった話

    From:渡辺知応驚いてあわてる様子やうろたえることを『面食らう』とい…

  2. 美しき日本の言葉

    新シリーズ『美しき日本の言葉』とは?

    From:渡辺知応日本語は難しい、、、そう言っていたのは、日光で出会っ…

  3. 美しき日本の言葉

    てんやわんやの大騒ぎってどんな騒ぎ?

    From:渡辺知応 『てんやわんやの大騒ぎ』なんて決まり文句…

  4. 美しき日本の言葉

    『嬲』から連想する男女の関係

    From:渡辺知応『嬲』という漢字が読める人はいますか?『なぶる』とい…

  5. 美しき日本の言葉

    異性に惚れ込んでしまう様子を『首ったけ』という理由

    From:渡辺知応約20年前に『メリーに首ったけ』というロマンティック…

  6. 美しき日本の言葉

    拝啓 つつがなくお過ごしのことと存じます。

    From:渡辺知応 『つつがなくお過ごしのこと存じます。』と…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 美しき日本の言葉

    拝啓 つつがなくお過ごしのことと存じます。
  2. 旅のレポート

    [画像あり]伊香保温泉の旅レポ
  3. 四字熟語

    おみくじを引く鳥の話し
  4. 日本の風習

    盆踊りと日本独自の『恋のシステム』とは?
  5. ことわざ

    『縁の下の力持』の由来について
PAGE TOP