日本の風習

初詣や初日の出はいつから”当たり前”になったのか?


From:渡辺知応

 

さて、今日からブッディズムJのブログを始めていきます。

ここでは、日本のしきたりや習慣、風習、お寺や仏教などの習わしをその季節に合わせ、面白く、わかりやすく、できる限り簡潔に、書いていこうと思っています。

日本人が日本人である為の大事なルーツを知る機会だと思います。
ぜひ楽しみながら見てください。

さてさて、私たち日本人は新たな年になると決まって、あるキーワードがあちらこちらで飛び交います。
それは、、、

そうです。初詣や初日の出です。

まぁ、年明けの一番最初の国民的イベントですからね。

では、このいたって見慣れた光景である初詣や初日の出はいつから”当たり前”になったのか?

この問いに答えるのはとても難しい。
と、ある民俗学研究者は言います。

 

これらの行事は、日本の古くからの習わし(=伝統)だと思われがちであるが、実のところ、初日の出も初詣も、いずれも明治以降に形成された、新たな国民行事と呼べるものだからである。

(出典:初日の出考/岩本道弥)

なんと!!!
これにはビックリしました。

初詣や初日の出は日本に古くから伝わる伝統だと思っていました。
きっと多くの人がそう思っているはずです。

いや。それよりも、、、
今までそんな事を考えないで過ごしてきた人の方が多いのかもしれませんね。

それにしても、、、
初詣や初日の出が明治以降から新しく加わった国民行事だったなんて、、、

いやはや。
日本にいながら、カルチャーショックを受けました。

では、本来の正月元旦はどのように過ごしていたのか?

次回はここにフォーカスしてみたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 日本の風習

    あなたは知ってますか?節分は1年に4回あるってことを

    From:渡辺知応 節分といえば、鬼に豆をまくことを想像する…

  2. 日本の風習

    現代も続けられる”お百度参り”

    From:渡辺知応お寺や神社の境内にいて、お百度石(ひゃくどいし)と呼…

  3. 日本の風習

    呪い(まじない)とは?

    From:渡辺知応占いや呪い(まじない)の方法にはどのようなものがある…

  4. 日本の風習

    日本のお墓事情について

    From:渡辺知応あなたは、『お墓』というキーワードからどのようなもの…

  5. 日本の風習

    学校の怪談が流行る理由

    From:渡辺知応誰もいない音楽室から流れてくるピアノの音…

  6. 日本の風習

    鯉のぼりが空を泳ぐ理由とは?

    From:渡辺知応前回、『端午の節句』の主役は女性?といった記事を書き…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. ことばの由来

    『いの一番』の『い』とはいったい何?
  2. 物事の始まり

    読めない地名が出来た理由
  3. 物事の始まり

    お彼岸の意味とは?
  4. ことわざ

    『逃した魚は大きい』とは言うが、本当にその魚は大きいのか?
  5. 美しき日本の言葉

    夏だけど、、、春はあけぼの
PAGE TOP