語源

どうして、一日は『ついたち』と読むのか?


From:渡辺知応

 

このブログを書き始めてからある事に気がつきました。
色々な事柄において、知っているようで、実は知らなかった事が多すぎる、、、

恥ずかしながらそう思う瞬間が多々あります。
と、いうか毎回新たな事実を知り、新たな疑問が浮上しますね。

前回の太陽と月の関係の記事を書いている時に、、、

月の満ち欠けによってひと月を考えるので新月が晦日朔日(みそかついたち)、満月が十五夜、と非常にわかりやすい
(出典:民俗学がわかる辞典/新谷尚紀)

これは太陰太陽暦(太陽の運行と月の満ち欠けの関係によって出来たカレンダー的なもの)の仕組みについて民俗学者の新谷尚紀氏が『民俗学がわかる事典』で書いたものですが、、、

ん?朔日?ついたち?
なんのこっちゃい?

Google先生にお願いして調べてもらうと、、、

朔日とは太陰暦で、月の第一日
(出典:Google検索)

だそうです。

もう少し詳しく説明すると、、、

朔(さく)とは、月と太陽の視黄経が等しくなること、また、その時刻のことである。現代的な定義での新月(しんげつ)と同義である。
(出典:Wikipedia

また、、、

ついたちの語源は、「つきたち(月立ち)」の音変化と考えられる。

「月立ち」の「立ち」は、「出現する」「現れる」といった意味で、陰暦では月の満ち欠けによって月日を数え、新月が現れる日がその月の最初の日にあたることに由来する。
(出典:語源由来辞典

干支の十二支に関係する、こんな逸話もある。
あくまで、逸話ですよ。逸話。

13番目にたどり着いたイタチを神様がかわいそうに思い、毎月の最初を「ついたち」と呼ぶようにしたといったものもある
(出典:語源由来辞典

ほほぉ。一日がなんで『ついたち』と呼ばれているか疑問が解けました。

しかし、新たな疑問が、、、
月の満ち欠けと太陽の運行には誤差があったような、、、

月の満ち欠けの1回分つまり1月は平均で約29.5日
(出典:民俗学がわかる辞典/新谷尚紀)

ですよね。やっぱり。
しかも中途半端に0.5日がついていらしゃる。
そこで、どうしたか、、、

1年を大の月(30日)と小の月(29日)の6ヶ月づつの12ヶ月として調整する
(出典:民俗学がわかる辞典/新谷尚紀)

なるほど。これで0.5日をどうにか出来た訳ですね。
ん?でもまだ問題は解決してないような気がします、、、

それだけでは1年が354日になり、太陽の1回帰年である365日6時間弱に11日ほど足りない
(出典:民俗学がわかる辞典/新谷尚紀)

ですよね。ですよね。
つまり、こうゆう事ですよね。

月の満ち欠けによる1ヶ月ごとの繰り返しが太陽の1回による1年とうまくあてはまらない
(出典:民俗学がわかる辞典/新谷尚紀)

そこで、過去の偉人たちが現代に至るまで、10数回の暦の変更を経ているのです。
そんな偉人たちを本気にさせたのが、、、

誤差が、暦を作る上でのさまざまな工夫を要求してきたといえる
(出典:民俗学がわかる辞典/新谷尚紀)

この『誤差』を無くす、絶え間ない努力が暦をより正確なものにしたのですね。

ニーチェもこんな事を言っています。

『ものごとを完成させるには、才能や技量よりも時間による成熟を信じながら絶えず進んでいくという気質が、決定的な役割を果たす。』

おぉ。暦が発展途上の当時からすれば、まさに年月を掛けて挑んでこいと言わんばかりの太陽や月からの挑戦状のようですね。

しかし、太陽の運行を基準としていた当時の人からすれば不便が付きまとっていました。

月の満ち欠けを基準とする太陰暦は基本的に太陽の運行による季節の変化とうまく合わない
季節の変化に応じて種まきをしたり、収穫をする農耕生活の上では正確な太陽の一回帰年に合わせた季節ごとの基準がどうしても必要である
(出典:民俗学がわかる辞典/新谷尚紀)

そこで出来上がったのが、、、
太陽の一回帰年を24等分した二十四節気です。

二十四節気は太陽の一回帰年を基準としているので季節の変化を知るにはよいが、月の満ち欠けとは関係無い
(出典:民俗学がわかる辞典/新谷尚紀)

おっと、今日はここまで。
『一日=ついたち』の説明はできたし。
これ以上話すとチンプンカンプンになりそうです。

二十四節気のお話はまた今度にします。

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. なぜお墓は石で作られているのか?
  4. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  5. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

関連記事

  1. 語源

    鬼は何処にいるんですか?

    From:渡辺知応鬼は何処にいるんですか?極々たまにそんな…

  2. 語源

    ダジャレじゃない。縁起をかつぐ語呂合わせ。

    From:渡辺知応先日、朝の情報番組『ZIP!』を見ていたら、即興でラ…

  3. 語源

    今日は『ありがとう』の体験ができる一泊寺子屋の日です。

    From:渡辺知応感謝の気持ちを表す言葉と言えば、、、『ありがとう』で…

  4. 語源

    へそくりの語源に迫る

    From:渡辺知応 べそをかくことはベソカキであり、その顔付…

  5. 語源

    相手おちょくるジェスチャー『あっかんべぇ』とは?

    From:渡辺知応『あっかんべぇ』と言いながら、下まぶたを指で押し下げ…

  6. 語源

    なぜ、時を示す文字は日や月を使うのか?

    From:渡辺知応いやー!今日も1日よく働いたなぁ〜!ん?…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. 四字熟語

    あなたの知らない『四字熟語』の世界
  2. 日本の風習

    スタバのソイラテは隠れたエナジードリンク?
  3. 日本の禁忌(タブー)

    この記事は絶対に見ないで下さい。
  4. 美しき日本の言葉

    『面食らう』のメンは、実は『麵』だった話
  5. 四字熟語

    どこか信用が置けない人を指す四字熟語
PAGE TOP