日本の風習

妖怪と幽霊の違いとは?


From:渡辺知応

 

先日、こんな質問をされました。

『幽霊と妖怪は別人ですか?』

と。
まずもって言えるのは、、、
どちらも人ではありません。あしからず。

妖怪の定義というのは、、、

妖怪(ようかい)は、日本で伝承される民間信仰において、人間の理解を超える奇怪で異常な現象や、あるいはそれらを起こす、不可思議な力を持つ非日常的・非科学的な存在のこと。 妖(あやかし)または物の怪(もののけ)、魔物(まもの)とも呼ばれる。(出典:Wikipedia

なるほどですね。
天狗、河童、鬼、山姥、海坊主、雪女、口裂け女、人面犬などなど。
古くからご健在(?)な妖怪から平成の世に生まれた妖怪まで、日本各地には色々な妖怪がひしめいていますよね。

仮に、もし妖怪という存在がいない世の中だったとしたら、民俗信仰の文化が味気なく、大きく変わっていたかもしれないとある民俗学者は言っています。

では、幽霊の定義はどうでしょうか?

死者が成仏(じょうぶつ)できず、この世に迷い出て現す姿。亡者(もうじゃ)。実質を備えない、または実際にはないのに、あるように見せかけたもの。(出典:Google検索/幽霊 とは

なるほど。
ここまでの相違点といえば、妖怪は実態があるけど、幽霊は実態がないってことですね。

さて、この『妖怪』という言葉が広く使われ始めたのは明治以降だそうです。
それまでは、『化け物』という言い方が普通だったそうです。
この妖怪を現代の常用語に発展させた裏には哲学者で妖怪研究に己の生涯を注いだ井上円了氏のご功績が大きかったと言われています。

おぉ。妖怪研究者ですか…。
これまた未知なる分野ですね。

化け物は、お化けというように、何かが化けて姿形を変えたものですよね。
なので、妖怪とお化けは同じ意味で使われることが多いようです。

さて、今回のテーマでもある『妖怪と幽霊の違い』についてですが、、、
民俗学の大御所、柳田國男氏の著書『妖怪談義』にはこう書かれています。

1、お化けは出現する場所がほぼ決まっていて、その場所を通らなければ出くわさずにすむ。しかし幽霊はむこうから現れて逃げても追いかけてくる。

2、お化けは相手を選ばないが、幽霊はこれぞと思う決まった相手のもとに現れる

3、お化けは出現する時刻は宵と暁が多いが、幽霊は丑三つ時である

おぉ。とても鋭いご指摘ですね。
まぁ、補足として「現実にはこれに当てはまらなケースも多く、あくまで一つの目安である」とも言っています。

いやはや。とてもわかりやすい目安ですね。
この『妖怪と幽霊の違い』を調べていくと、もっとわかりやすく、より具体化している説明がありました。

次回に続く、、、

ピックアップ記事

  1. 近代家族の特徴と盲点
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. Photo@espada842

    日本の風習

    「泣き虫、毛虫、はさんで捨てろっ!」の本当の意味とは?

    From:渡辺知応「悪い子はいねぇーがー?泣ぐ子はいねぇーがー??」と…

  2. 日本の風習

    なぜ河童はキュウリが好きなのか?

    From:渡辺知応色々な事が科学的に証明されていている現代でも不思議な…

  3. 日本の風習

    庶民は『寝正月』が当たり前だった?!

    From:渡辺知応 元日は各地のお寺や神社に初詣の参拝者が溢…

  4. Photo@霖霖七

    日本の風習

    ヨバイの心得

    From:渡辺知応今日はちょいっと面白い記事を見つけたのでそれを丸々シ…

  5. 日本の風習

    『創られた伝統』を加速させる現代の年末年始

    From渡辺知応必ずしも伝統的ではなかった初詣や初日の出が…

  6. 日本の風習

    ◯◯は女の武器?について。

    From:渡辺知応『笑う』と『微笑む』は似ているようで全く…

ピックアップ記事

過去の記事

  1. ことわざ

    『たなぼた』という簡略語
  2. ことばの由来

    間違った『しゃかりき』の使い方について
  3. ことわざ

    腐敗の根本を解決しない時に使うことわざとは?
  4. 日本の風習

    庶民は『寝正月』が当たり前だった?!
  5. ことわざ

    濡れ手で粟ならぬ、小銭を掴む話
PAGE TOP