四字熟語

人生とは喜び、怒り、哀しみ、楽しむ、の繰り返し


From:渡辺知応

人間の様々な感情を表す四字熟語『喜怒哀楽』
生きていれば辛いことも、嬉しいことも、怒ることも、喜ばしいこともあります。

ふん。いちいち泣いたり笑ったりしちゃあいられない!
などと強がりをいう人もいますが、、、
やっぱり生きているからには、色々な場面で色々な感慨を抱くものです。

『喜怒哀楽がそのまま顔に出る』とか『喜怒哀楽を共にする』といった具合に使うのが普通ですよね。
『顔に出る』の方はひとまず置いておくとして、、、
『喜怒哀楽を共にする』とは、なかなか深みのある表現だと思いませんか?

『喜怒哀楽を共にする』
つまり、一緒に暮らすというのは財布が一つだということだけではありません。
幾多の体験を共有し、その都度の感慨も同じくするということですよね。
そして、共にするのが喜と楽だけでないところもミソであります。

『喜びも悲しみも幾年月(いくとしつき)、こわれもせず連れ添って行く夫婦には、それなりの値打ちや味わいがあるものです。ぜひそんな価値観を共有できる人生を送ってください。』

まぁ、そんなことを結婚式のスピーチで話したら『オォ!』と言われるかもしれませんね。
あっ。自分がちゃんと相手にそんな感情を抱いていたらの話ですけどね、、、

さてさて、長年連れ添ってきた夫婦も定年を機に、あるいは子どもの結婚や独立に際して相手から三行半を叩きつけられるケースが多々あると情報番組のあるコーナーで言っていました。

独りで抱えなければならない喜怒哀楽といのもあるということですね。
いやはや。人生、一筋縄ではいきませんね。

ピックアップ記事

  1. 近代家族の特徴と盲点
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. トイレに唾を吐いてはいけない理由

関連記事

  1. 四字熟語

    質素な食事『一汁一菜』は本当に良いのか?

    From:渡辺知応『一汁一菜』とは一椀の汁と一品のおかず。それだけの粗…

  2. 四字熟語

    晴れた日が良い天気とは限らない理由

    From:渡辺知応 困った時の友を真の友と言う。と言ったフレ…

  3. 四字熟語

    百鬼夜行な人々

    From:渡辺知応 『百鬼夜行』という四字熟語があります。…

  4. 四字熟語

    意味がわかるようで、かわらない、『いみしん』の意味とは

    From:渡辺知応意味深長を略して『いみしん』と言った方がしっくりくる…

  5. 四字熟語

    本当の国士無双は誰だ?

    From:渡辺知応『国士無双』とは、天下第一で優れた人物を言います。『…

  6. 四字熟語

    どこか信用が置けない人を指す四字熟語

    From:渡辺知応 どんなに素晴らしい美人でも、わずかな欠点…

ピックアップ記事

  1. 四字熟語

    最後に頼るのが仏様や神様である理由
  2. 物事の始まり

    あまり知られていない『鬼門』の由来
  3. 日本の風習

    日本のお墓事情について
  4. 物事の始まり

    変じ転じた、不幸の手紙について
  5. 日本の風習

    妖怪と幽霊の違いとは?
PAGE TOP