四字熟語

墓に布団は着せラレズ、、、

From:渡辺知応

今日は、おっ!と思う記事を見つけたのでそれをあなたにシェアしたいと思います。

『風樹之嘆(ふうじゅのたん)』

「墓に布団は着せられず」ということ。
日本jんが長寿になったこと、それは喜ばしいことに違いないが、周りを見ると誰もが年寄りだというのは、ちょっとバランスがくずれていないか。
自分も年寄りの側にいるのだが、もっと年寄りの親を抱えている。
世に言う「老々介護」である。

「親孝行、したくなくとも親はあり」とは、表現がきついが、時代の難問だろう。
同じ親孝行なら、よれよれなった親の介護ばかりでなく、もっと楽しい、親がますます長生きしたくなるような親孝行がしたいものである。

かつては余裕のないぎりぎりの暮らしを送り、それでも、やっといくらかゆとりができた。
それまで放っておいた親を芝居見物や物見遊山に出してやろうかというときになって、肝心の親がもういない。
というのが普通の筋書きだった。
「樹静かならんと欲すれど風止まず、子養わんと欲すれど親待たず」、これが「風樹の嘆」。

人生五十年の時代は、急がないと親孝行の機を失ってしまう時代であった。
ついこのあいだの、漱石享年四十九、子規三十四の時代である。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  3. なぜお墓は石で作られているのか?
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 四字熟語

    牛が一鳴きする距離

    From:渡辺知応 『一牛鳴地』という四字熟語をご存知ですか…

  2. 四字熟語

    優柔不断な人は芯がない人?

    From:渡辺知応『優柔不断』もちろん、褒めた言葉でない事くらいは誰で…

  3. 四字熟語

    あなたの知らない『四字熟語』の世界

    From:渡辺知応絶好調の滑り出しを見せている新シリーズ『美しき日本の…

  4. 四字熟語

    漢字で書くよりカタカナ語の方がわかりやすい、、、

    From:渡辺知応 『時空自在』もっとも新しい四字熟語ではな…

  5. 四字熟語

    質素な食事『一汁一菜』は本当に良いのか?

    From:渡辺知応『一汁一菜』とは一椀の汁と一品のおかず。それだけの粗…

  6. 四字熟語

    どこか信用が置けない人を指す四字熟語

    From:渡辺知応 どんなに素晴らしい美人でも、わずかな欠点…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    日本と韓国の微妙な生活文化の違い
  2. 四字熟語

    人生とは喜び、怒り、哀しみ、楽しむ、の繰り返し
  3. 二十四節気

    『暑さ寒さも彼岸まで』は単なる気候の変化だけではなかった
  4. 日本の風習

    【続】女人禁制をもう少し紐解く
  5. 語源

    『生命=ありがとう』の方程式
PAGE TOP