ことわざ

『下駄を預ける』とはどんな意味なのか?


From:渡辺知応

かつては『下駄履きで起こしください』という言い方をよくしていたらしいです。
これはどう意味かというと、、、
特別な礼装などは必要ない、普段着でかまいませんよ。といった意です。

時代が変わり、当時はあれほど普通だった品物や道具がいつの間にか身の回りから姿を消していきました。
蚊帳や火鉢、たらいや七輪。
私は日常的に使ったことがないのでなんとも言えませんが、、、
懐かしいと思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ことわざなどの慣用的な表現は、そうそう簡単に変わらないのもです。
と、いうか変われないのでしょう。
変わってしまったら意味が変わってしまうものもありますしね。

面白いのは、虱(しらみ)を見たことのな人が『しらみつぶし』という言葉を使う例があります。

さて、『下駄を預ける』ということわざですが、このことわざも『下駄』を日常で一般的に使っていない人が使う場合があります。
まさか、いつも下駄を履いていないから『靴を預ける』とは言う訳はありませんよね。

履物を預ける?さてどこに預けるのかというと、、、
芝居小屋に入る時に入り口で下足札と引き換えに預ける訳です。
下駄を返してもらわないことにはどこにも行けない。帰れない。
『下駄を預ける』とは、自分の身を預けたと同様である、といった意味なのです。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. ことわざ

    イワシの怒りのことわざ

    From:渡辺知応 『ごまめの歯ぎしり』ということわざがあり…

  2. ことわざ

    『縁の下の力持』の由来について

    From:渡辺知応 『縁の下の力持』ということわざの『力持』…

  3. ことわざ

    7つ叱って、5つ教えて、0.03つ褒める

    From:渡辺知応 先日のことです。 10代の頃からお世…

  4. ことわざ

    手に負えない人を指すことわざ『薬缶で茹でた蛸』について

    From:渡辺知応『薬缶で茹でた蛸(たこ)』ということわざがあります。…

  5. ことわざ

    『犬が歩く』ことわざといえば、、、

    From:渡辺知応タイトルから連想して『犬も歩けば棒にあたる』を思…

  6. ことわざ

    『逃した魚は大きい』とは言うが、本当にその魚は大きいのか?

    From:渡辺知応たかが釣り。されど釣り。私は釣りをあまりやった事があ…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    へそ手お辞儀はわざとらしい?!
  2. 四字熟語

    あなたの知らない『四字熟語』の世界
  3. 四字熟語

    単刀直入とその対極
  4. 美しき日本の言葉

    異性に惚れ込んでしまう様子を『首ったけ』という理由
  5. 日本の風習

    【続】女人禁制をもう少し紐解く
PAGE TOP