ことわざ

『下駄を預ける』とはどんな意味なのか?


From:渡辺知応

かつては『下駄履きで起こしください』という言い方をよくしていたらしいです。
これはどう意味かというと、、、
特別な礼装などは必要ない、普段着でかまいませんよ。といった意です。

時代が変わり、当時はあれほど普通だった品物や道具がいつの間にか身の回りから姿を消していきました。
蚊帳や火鉢、たらいや七輪。
私は日常的に使ったことがないのでなんとも言えませんが、、、
懐かしいと思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ことわざなどの慣用的な表現は、そうそう簡単に変わらないのもです。
と、いうか変われないのでしょう。
変わってしまったら意味が変わってしまうものもありますしね。

面白いのは、虱(しらみ)を見たことのな人が『しらみつぶし』という言葉を使う例があります。

さて、『下駄を預ける』ということわざですが、このことわざも『下駄』を日常で一般的に使っていない人が使う場合があります。
まさか、いつも下駄を履いていないから『靴を預ける』とは言う訳はありませんよね。

履物を預ける?さてどこに預けるのかというと、、、
芝居小屋に入る時に入り口で下足札と引き換えに預ける訳です。
下駄を返してもらわないことにはどこにも行けない。帰れない。
『下駄を預ける』とは、自分の身を預けたと同様である、といった意味なのです。

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?

関連記事

  1. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について

    From:渡辺知応『医者の不養生』ということわざがあります。これは、病…

  2. ことわざ

    手に負えない人を指すことわざ『薬缶で茹でた蛸』について

    From:渡辺知応『薬缶で茹でた蛸(たこ)』ということわざがあります。…

  3. ことわざ

    『縁の下の力持』の由来について

    From:渡辺知応 『縁の下の力持』ということわざの『力持』…

  4. ことわざ

    毒食わば皿まで

    From:渡辺知応 『毒食わば皿まで』 どこかで聞いたこ…

  5. ことわざ

    『犬が歩く』ことわざといえば、、、

    From:渡辺知応タイトルから連想して『犬も歩けば棒にあたる』を思…

  6. ことわざ

    木から落ちた猿

    From:渡辺知応 木を生活の場としている猿でも、木から落ち…

ピックアップ記事

  1. 二十四節気

    ツバメの巣に初恋の終わりを重ね合わせる季節の言葉とは?
  2. 物事の始まり

    恐山の名前の由来
  3. 日本のしきたり

    本当に日本人は宗教に寛大なのか?
  4. ご案内

    こんにちは。ブッディズムJです。
  5. 日本の風習

    人間関係と日本の風習
PAGE TOP