ことわざ

毒食わば皿まで


From:渡辺知応

『毒食わば皿まで』
どこかで聞いたことはあるけど、、、
はてさて、あなたはこのことわざがどんな意味なのか知っていますか?

簡単に言えば、、、
どうにもこうにも、もう破れかぶれ!といった意味です。

たしかに、毒は腹の中に入ってしまった。
解毒剤もない。はたまた効かない。
と、こうなれば、、、
どうせ死ぬ身である。
だったら毒を盛ってあった皿までとことん舐めてやろうではないか!
と開き直る他ない心境を指しています。

また、一方で健全な良識を持ってすれば、、、
自暴自棄とはいえ、悪事を重ねようというのはいかがなものか?
というところもあります。

ことわざの大きな役目の一つに、、、
世間の側に立った教訓や戒めがあります。
その観点からすれば、悪事を進めているかのようなこのことわざはその原則から大きく外れているようにも見えます。

まぁ、しかし、、、
人の心理をうまく言い当てているなぁ。。。
とついつい頷いてしまうのは私だけではないと思います。

このようなケースが多いようで、世間では『毒皿』なんて略語で言う人もいますね。
まぁ、人生の出来事で『毒皿』なんて舐めたくないですよね。。。

ピックアップ記事

  1. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  2. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  3. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. ことわざ

    海老で釣られる鯛は幸せである理由

    From:渡辺知応魚の王様である『鯛』はたまた、伊勢海老や車海老などは…

  2. ことわざ

    スーパーの特売日でみる光景を表すことわざ

    From:渡辺知応 『餓鬼も人数』ということわざがあります。…

  3. ことわざ

    本当に健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?

    From:渡辺知応 身体も精神も健全であることにこしたことは…

  4. ことわざ

    『下駄を預ける』とはどんな意味なのか?

    From:渡辺知応 かつては『下駄履きで起こしください』とい…

  5. ことわざ

    内緒話は気をつけて!

    From:渡辺知応 いくら密かに密談をしても、、、 秘密…

  6. ことわざ

    『犬が歩く』ことわざといえば、、、

    From:渡辺知応タイトルから連想して『犬も歩けば棒にあたる』を思…

ピックアップ記事

  1. 物事の始まり

    お彼岸の意味とは?
  2. 物事の始まり

    『道の神様』がいるのをご存知ですか?
  3. 日本の禁忌(タブー)

    この記事は絶対に見ないで下さい。
  4. 日本の風習

    生活の中に潜む予兆の仕組みを解く
  5. ことわざ

    濡れ手で粟ならぬ、小銭を掴む話
PAGE TOP