ことわざ

毒食わば皿まで

From:渡辺知応

『毒食わば皿まで』
どこかで聞いたことはあるけど、、、
はてさて、あなたはこのことわざがどんな意味なのか知っていますか?

簡単に言えば、、、
どうにもこうにも、もう破れかぶれ!といった意味です。

たしかに、毒は腹の中に入ってしまった。
解毒剤もない。はたまた効かない。
と、こうなれば、、、
どうせ死ぬ身である。
だったら毒を盛ってあった皿までとことん舐めてやろうではないか!
と開き直る他ない心境を指しています。

また、一方で健全な良識を持ってすれば、、、
自暴自棄とはいえ、悪事を重ねようというのはいかがなものか?
というところもあります。

ことわざの大きな役目の一つに、、、
世間の側に立った教訓や戒めがあります。
その観点からすれば、悪事を進めているかのようなこのことわざはその原則から大きく外れているようにも見えます。

まぁ、しかし、、、
人の心理をうまく言い当てているなぁ。。。
とついつい頷いてしまうのは私だけではないと思います。

このようなケースが多いようで、世間では『毒皿』なんて略語で言う人もいますね。
まぁ、人生の出来事で『毒皿』なんて舐めたくないですよね。。。

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. ことわざ

    濡れ手で粟ならぬ、小銭を掴む話

    From:渡辺知応 濡れ手で粟(あわ)を掴む。 さて、濡…

  2. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について

    From:渡辺知応『医者の不養生』ということわざがあります。これは、病…

  3. ことわざ

    7つ叱って、5つ教えて、0.03つ褒める

    From:渡辺知応 先日のことです。 10代の頃からお世…

  4. ことわざ

    現代の『首尾一貫』について

    From:渡辺知応『首尾一貫』ということわざを知っていますか?まず、『…

  5. ことわざ

    『逃した魚は大きい』とは言うが、本当にその魚は大きいのか?

    From:渡辺知応たかが釣り。されど釣り。私は釣りをあまりやった事があ…

  6. ことわざ

    木から落ちた猿

    From:渡辺知応 木を生活の場としている猿でも、木から落ち…

ピックアップ記事

  1. 日本の禁忌(タブー)

    人類史上、最初に掟を破ったのは誰だ?!
  2. 四字熟語

    あなたの知らない『四字熟語』の世界
  3. 日本の風習

    七夕が終わった後の短冊はどうするの?
  4. 四字熟語

    どこか信用が置けない人を指す四字熟語
  5. 四字熟語

    命がけっ!!
PAGE TOP