ことわざ

毒食わば皿まで

From:渡辺知応

『毒食わば皿まで』
どこかで聞いたことはあるけど、、、
はてさて、あなたはこのことわざがどんな意味なのか知っていますか?

簡単に言えば、、、
どうにもこうにも、もう破れかぶれ!といった意味です。

たしかに、毒は腹の中に入ってしまった。
解毒剤もない。はたまた効かない。
と、こうなれば、、、
どうせ死ぬ身である。
だったら毒を盛ってあった皿までとことん舐めてやろうではないか!
と開き直る他ない心境を指しています。

また、一方で健全な良識を持ってすれば、、、
自暴自棄とはいえ、悪事を重ねようというのはいかがなものか?
というところもあります。

ことわざの大きな役目の一つに、、、
世間の側に立った教訓や戒めがあります。
その観点からすれば、悪事を進めているかのようなこのことわざはその原則から大きく外れているようにも見えます。

まぁ、しかし、、、
人の心理をうまく言い当てているなぁ。。。
とついつい頷いてしまうのは私だけではないと思います。

このようなケースが多いようで、世間では『毒皿』なんて略語で言う人もいますね。
まぁ、人生の出来事で『毒皿』なんて舐めたくないですよね。。。

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?

関連記事

  1. ことわざ

    本当に健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?

    From:渡辺知応 身体も精神も健全であることにこしたことは…

  2. ことわざ

    赤信号、みんなで渡れば、、、

    From:渡辺知応 新聞の見出しでなどで時々見かける、、、…

  3. ことわざ

    『縁の下の力持』の由来について

    From:渡辺知応 『縁の下の力持』ということわざの『力持』…

  4. ことわざ

    『下駄を預ける』とはどんな意味なのか?

    From:渡辺知応 かつては『下駄履きで起こしください』とい…

  5. ことわざ

    『たなぼた』という簡略語

    From:渡辺知応棚からぼた餅、、、どうやら、中学生や高校生など、若い…

  6. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について

    From:渡辺知応『医者の不養生』ということわざがあります。これは、病…

ピックアップ記事

  1. 語源

    ダジャレじゃない。縁起をかつぐ語呂合わせ。
  2. Photo@espada842

    日本の風習

    「泣き虫、毛虫、はさんで捨てろっ!」の本当の意味とは?
  3. 美しき日本の言葉

    拝啓 つつがなくお過ごしのことと存じます。
  4. 四字熟語

    質素な食事『一汁一菜』は本当に良いのか?
  5. 四字熟語

    人生とは喜び、怒り、哀しみ、楽しむ、の繰り返し
PAGE TOP