語源

へそくりの語源に迫る

From:渡辺知応

べそをかくことはベソカキであり、その顔付をベソカキズラともいう。
べそをかいて泣く様子をベソベソとかベソリベソリのような表現が江戸時代には使われていました。

『泣きべそ』という言葉の印象から、身体部位の『へそ』を連想しやすいが、、、
実は臍(へそ)とはなんの関係もありません。
『へそ』がつく言葉として『へそくり』もありますが、、、
もちろんこちらも身体部位の臍(へそ)とは一切関係ないのです。

え?へそくりの意味が知りたい?

では、少し説明しますね。

へそくりとは、人に内緒で貯めたお金のことをですよね。
へそくり金とも言いますよね。

語源は綜麻(へそ)を繰り貯めたお金ということです。
つまり、へそくりを漢字で書くと『綜麻繰り』です。

綜麻(へそ)というのは、機織り機に掛ける撚り合せた麻糸の事です。
ヘソの『へ』は経糸を整えて機織りに掛ける際の動きである『綜る(ふる)』に由来します。
ヘソの『ソ』は植物の麻のこと。

つまり『へそくり=隠し金』が出来上がったストーリーはこういう事です。

ある日、家計が苦しかった家庭の主婦が内職を始めようと考えていました。
そこで選んだのが、麻糸を『綛(かせ』と呼ばれる木の道具で巻き取る仕事の『綜麻繰り作業』でした。
これは自宅で簡単にできるので、昔の主婦たちにとっては格好の内職だったそうです。
はじめは家計を助けるため、セッセコッセセコと『綜麻繰り作業』をしていたのですが、、、
しだいに主婦たちはこの『綜麻繰り作業』で得たお金の一部を旦那さんに内緒で貯め込むようになったのです。
これが『へそくり』の由来なのです。

『泣きベソ』と『へそくり』
『へそ』という同音語であるの泣いたり笑ったり。

いやはや。
日本語って面白いですね!

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

関連記事

  1. 語源

    ダジャレじゃない。縁起をかつぐ語呂合わせ。

    From:渡辺知応先日、朝の情報番組『ZIP!』を見ていたら、即興でラ…

  2. 語源

    なぜ、時を示す文字は日や月を使うのか?

    From:渡辺知応いやー!今日も1日よく働いたなぁ〜!ん?…

  3. 語源

    『生命=ありがとう』の方程式

    From:渡辺知応前回の記事で『ありがとう』の原意をお話しました。では…

  4. 語源

    チャリンコの原点に迫る

    From:渡辺知応チャリンコ?え?自転車のことでしょう?しかし、かつて…

  5. 語源

    今日は『ありがとう』の体験ができる一泊寺子屋の日です。

    From:渡辺知応感謝の気持ちを表す言葉と言えば、、、『ありがとう』で…

  6. 語源

    鬼は何処にいるんですか?

    From:渡辺知応鬼は何処にいるんですか?極々たまにそんな…

ピックアップ記事

  1. 美しき日本の言葉

    『しょぼくれる』とは『雨』を表した語句だった?!について
  2. 日本のしきたり

    女人禁制を少し紐解く
  3. 四字熟語

    どこか信用が置けない人を指す四字熟語
  4. 物事の始まり

    変じ転じた、不幸の手紙について
  5. 日本の風習

    「めでたさ」に隠された、本来のお正月の過ごし方とは?
PAGE TOP