美しき日本の言葉

尾を振る犬は叩かれず


From:渡辺知応

『窮鳥懐に入れば猟師も殺さず』
これは、逃げ場を失った鳥が懐に飛び込んでくれば、鳥を撃つのが仕事である猟師であっても、哀れに思って殺したりはしないということからであります。
つまり、、、決死の覚悟で相手の懐に飛び込むとまでは行かなくても、恭順の意を表している者を殴りつけるわけにも行かないといった意味ということです。

『尾を振る犬は叩かれず』も同様のことわざです。
あからさまに尾っぽを振ったり、肩の埃を払ったりするのは卑屈ですが、、、
まぁ、そこまでしなくても人当たりをよくするように心がけていれば、敵視されることはないということですね。

さて、このことわざは犬に向かって尾を振りなさいと忠告していることわざですが、、、
尾を振る犬を受け入れる側の者に対して忠告することわざもあります。

『尾を振る犬も噛むことあり』

ブンブンブンブンと尾っぽを振って愛想よくしている様でも、、、
ガブリッ!と噛まれて痛い目に合うぞ!気を許してはいけない!そんな奴こそ気を引き締めて見ていなければならないと注意を促すことばです。

ピックアップ記事

  1. 近代家族の特徴と盲点
  2. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  3. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. トイレに唾を吐いてはいけない理由

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    夏だけど、、、春はあけぼの

    From:渡辺知応最近では、おもむきある言葉もあまり聞かなくなってきた…

  2. 美しき日本の言葉

    のっぴきならない状態とは?

    From:渡辺知応あなたは『のっぴきならない』という言葉を使ったことが…

  3. 美しき日本の言葉

    てんやわんやの大騒ぎってどんな騒ぎ?

    From:渡辺知応 『てんやわんやの大騒ぎ』なんて決まり文句…

  4. 美しき日本の言葉

    あの二人はいつの間にかねんごろになってしまったな、、、

    From:渡辺知応あの二人はいつの間にか『ねんごろ』になってしまったな…

  5. 美しき日本の言葉

    なぜ命拾いをした時に『クワバラ、クワバラ』と言うのか?

    From:渡辺知応事をし損じて、危ない目に合いそうななった時に使う言葉…

  6. 美しき日本の言葉

    もしあなたが『◯◯の指南役』と呼ばれたいのであれば、、、

    From:渡辺知応密かに人気を集めている『恋の指南役』こと恋愛コンサル…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    続、敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 日本のしきたり

    女人禁制を少し紐解く
  3. 語源

    相手おちょくるジェスチャー『あっかんべぇ』とは?
  4. 旅のレポート

    [画像あり]伊香保温泉の旅レポ
  5. 日本のしきたり

    境界にまつわる、タブーや不気味な話について。
PAGE TOP