四字熟語

どこか信用が置けない人を指す四字熟語

From:渡辺知応

どんなに素晴らしい美人でも、わずかな欠点はあるはずです。
いや。欠点とまではいかなくても、この角度から見るのが一番であって、、、
あちらからの角度はそれほどでもない。といった具合の差はあるはずです。

しかし、稀にいるのであります。
四方八方どの角度から見ても非の打ち所がない人が。
これが文句のない完璧な美人とでもいうものか。
八方睨みの竜ではないが隙がないというか、、、

ただ、こんな美人は得てして嫌われるようです。
誰にでもいい顔をして、、、
と、そのことに非難が集まります。
この場合『八方美人』という四字熟語が当てはめられてしまいます。

まずこの言葉が出た場合は、褒め言葉としては使われないですよね。
美人で素敵だという言い方ではないから、いえいえどういたしまして。などと答えてはならない。
そしてこの言葉はその人の容姿よりも態度についての場合がほとんどです。
あまりに気が利きすぎて抜かりがない、しかしどこか信用が置けないという人に使いますね。

まぁ、本当の美人は顔ではないと思います。
気立て美人が一番。
少なくとも人から妬まれることはありませんしね。

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  4. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. 四字熟語

    命がけっ!!

    From:渡辺知応きっと誰もが『一所懸命』という言葉を使った事があると…

  2. 四字熟語

    四苦八苦ってどんな苦しみ?

    From:渡辺知応四苦八苦の末にやっと完成したよ!!といった具合に、『…

  3. 四字熟語

    百鬼夜行な人々

    From:渡辺知応 『百鬼夜行』という四字熟語があります。…

  4. 四字熟語

    あなたの知らない『四字熟語』の世界

    From:渡辺知応絶好調の滑り出しを見せている新シリーズ『美しき日本の…

  5. 四字熟語

    東へ西へあちこち走り回る、、、

    From:渡辺知応現代人はとてつもなく忙しく毎日を過ごしています。こと…

  6. 四字熟語

    単刀直入とその対極

    From:渡辺知応 単刀直入。 『単刀』であって『短刀』…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    東京と富士山の関係
  2. 四字熟語

    羊を追いかけた結末の話
  3. 日本の風習

    人類が抱える最大の問題とは?
  4. 物事の始まり

    読めない地名が出来た理由
  5. 美しき日本の言葉

    もしあなたが『◯◯の指南役』と呼ばれたいのであれば、、、
PAGE TOP