ことわざ

病気の総数は404+1種類?

From:渡辺知応

『四百四病(しひゃくしびょう)より貧ほど辛いものはなし』ということわざがあります。
これは貧乏はどんな病気よりも苦しいという意味です。

さて『四百四病』とは、仏教で、、、人間のあらゆる病気のことを言います。
仏教では、そもそも一切の物体は、地、水、火、風の四大元素から構成されていると考えています。
この地水火風を四大と称します。
もちろん人間の体もこの4つからできていて、病はこの元素の調和が乱れた時に起こるとされています。

で、その全ての病気を数えると、4つの元素1つごとにそれぞれ101、合わせて404あるというのであります。
つまり、この数がありとあらゆる病気の総数。と言われています。
なんだかもっとありそうな気がしますが、、、その辺りはひとまず置いておきましょう。

さてさて、四百四病を使ったことわざが他にもあります。
『四百四病の外』です。
現実の世界ではこの四百四病には入らない病気があるのです。
それ何か?
恋の病です。

では、『恋の病』と『貧』とではどちらが辛いかといえば、、、
まぁ、人それぞれではありますが、、、
大方、若い人たちは『恋の病』であり、純粋無垢な時期を経た人は『貧』の方が辛いと言われているようです。

ピックアップ記事

  1. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  5. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

関連記事

  1. ことわざ

    物事は、なるようにしかならない話

    From:渡辺知応 失敗というのは誰にでもあります。 こ…

  2. ことわざ

    毒食わば皿まで

    From:渡辺知応 『毒食わば皿まで』 どこかで聞いたこ…

  3. ことわざ

    木から落ちた猿

    From:渡辺知応 木を生活の場としている猿でも、木から落ち…

  4. ことわざ

    『下駄を預ける』とはどんな意味なのか?

    From:渡辺知応 かつては『下駄履きで起こしください』とい…

  5. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について

    From:渡辺知応『医者の不養生』ということわざがあります。これは、病…

  6. ことわざ

    人を呪わば穴二つ

    From:渡辺知応 新聞を開けば、人を恨んで暴力行為に及んだ…

ピックアップ記事

  1. 日本のしきたり

    家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. ことわざ

    7つ叱って、5つ教えて、0.03つ褒める
  3. ことわざ

    毒食わば皿まで
  4. 日本の風習

    続、敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. 日本の風習

    あなたは祭壇に何を残しますか?
PAGE TOP