ことわざ

病気の総数は404+1種類?

From:渡辺知応

『四百四病(しひゃくしびょう)より貧ほど辛いものはなし』ということわざがあります。
これは貧乏はどんな病気よりも苦しいという意味です。

さて『四百四病』とは、仏教で、、、人間のあらゆる病気のことを言います。
仏教では、そもそも一切の物体は、地、水、火、風の四大元素から構成されていると考えています。
この地水火風を四大と称します。
もちろん人間の体もこの4つからできていて、病はこの元素の調和が乱れた時に起こるとされています。

で、その全ての病気を数えると、4つの元素1つごとにそれぞれ101、合わせて404あるというのであります。
つまり、この数がありとあらゆる病気の総数。と言われています。
なんだかもっとありそうな気がしますが、、、その辺りはひとまず置いておきましょう。

さてさて、四百四病を使ったことわざが他にもあります。
『四百四病の外』です。
現実の世界ではこの四百四病には入らない病気があるのです。
それ何か?
恋の病です。

では、『恋の病』と『貧』とではどちらが辛いかといえば、、、
まぁ、人それぞれではありますが、、、
大方、若い人たちは『恋の病』であり、純粋無垢な時期を経た人は『貧』の方が辛いと言われているようです。

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. ことわざ

    刃と人の共通点

    From:渡辺知応あいつ、ホントいい加減な仕事をしやがって、とうとう焼…

  2. ことわざ

    物事は、なるようにしかならない話

    From:渡辺知応 失敗というのは誰にでもあります。 こ…

  3. ことわざ

    人を呪わば穴二つ

    From:渡辺知応 新聞を開けば、人を恨んで暴力行為に及んだ…

  4. ことわざ

    『縁の下の力持』の由来について

    From:渡辺知応 『縁の下の力持』ということわざの『力持』…

  5. ことわざ

    現代では『柿が赤くなると医者が青くなる』とは限らない

    From:渡辺知応お医者さんが大事な仕事である事は言うまでもありませ…

  6. ことわざ

    内緒話は気をつけて!

    From:渡辺知応 いくら密かに密談をしても、、、 秘密…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    『向こう三軒両隣』とは?
  2. 日本の風習

    盆踊りと日本独自の『恋のシステム』とは?
  3. 物事の始まり

    変じ転じた、不幸の手紙について
  4. 日本の風習

    『端午の節句』の主役は女性?
  5. 日本のしきたり

    本当に日本人は宗教に寛大なのか?
PAGE TOP