日本の風習

無病息災や文字の上達を祈る火祭りとは?


From:渡辺知応

前回の記事で『左義長(さぎちょう)』というキーワードが出てきたので今回はそのことにつてい少し説明してみようと思う。
この行事は別名『とんど焼き』または『どんと祭り』ともいう。
左義長という言葉を聞いたことがなくても、どんと焼きくらいなら耳にしたことのある方は多いのではないかな?

この年中行事は、日本の各地でさまざまな呼ばれ方をされており、富山県では『おんづろこんづろ』
新潟県では『かんじょ』
石川、福井、高知、福岡の各県では『さぎっちょ』
なんて呼ばれているんだよね。
しかし、各地域でどんな風に呼ばれようとも、これは小正月におこなわれる火祭りの行事を指していることに変わりはないんだよね。
つまり、とんど焼きも、おんづろこんづろも、さぎっちょも、どんと祭りも、それぞれ同じく正月の締めくくりにおこなわれる『左義長』の行事を指しているのだ。

さて、この際議長と呼ばれる火祭りの起源は平安時代の宮中にまでさかのぼる。
旧暦の正月15日と18日は、青竹を束ね立てて毬打(ぎちょう)、、、
つまり、毬(まり)を打つ長柄の槌(つち)を3本結び、その上に扇子・短冊・吉書を添えて謡い囃しながら焼く。
という儀式があった。
なぜこんなことをするかといえば、主に悪霊を祓うためなのだ。

鎌倉期の文人・吉田兼好が著した随筆文学『徒然草』には『三毬杖(さぎちょう)は、正月に打ちたる毬杖を真言院より神泉宛へ出して焼きあぐるなり』という記述も残っている。
これがのちに世の民間に伝わって、世間一般におこなわれる左義長の行事になったわけだ。

民間の左義長では、正月14日の夜または15日の朝(九州では6〜7日)に刈り取り跡の残る田畑などに長い竹数本を3、4本組んで立て、その年に飾った門松・注連飾り・書き初めをそこに持ち寄って焼くんだけど、、、
この火で餅や団子を焼いて食べると1年間の無病息災が約束されるそうだ。
また、その年の抱負を書いた書き初めを燃やし、その火が高く燃え上がると書道が上達したり抱負がうまく進んだりするとか言われているようだ。
また、火の爆ぜる音や煙の流れる方向で農作物の出来高を占う地域もあるんだよね。

『とんど焼き』や『どんと祭り』の呼び名は、火の勢いを盛り立てるために『どんど、どんど』と掛け声をかけるところからきているという。
ちなみに、、、
この左義長、江戸では火事の原因になるとみられて禁止され、しだいにすたれていった。
なんとなくわかるよね。。。

そうそう!今年は三の酉まであるから『火事』には注意が必要だよ!
なぜかって?
まぁ、それはまた今度ね!

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. 日本の風習

    続・縁起をかつぐ仕組み

    From:渡辺知応前回、『縁起をかつぐ仕組み』という話を少ししました。…

  2. 日本の風習

    なぜ、節分の日に豆を投げるのか?

    From:渡辺知応節分といえば、、、日本国民のほぼ全ての人…

  3. 日本の風習

    続、敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

    From:渡辺知応日本の家屋の中で『敷居』には常に不思議な言い伝えが付…

  4. 日本の風習

    どうして子供の日に柏餅や粽を食べるのか?

    From:渡辺知応現代では5月5日の『子供の日』は国民の休日として多く…

  5. 日本の風習

    初詣や初日の出はいつから”当たり前”になったのか?

    From:渡辺知応さて、今日からブッディズムJのブログを始…

  6. 日本の風習

    庶民は『寝正月』が当たり前だった?!

    From:渡辺知応 元日は各地のお寺や神社に初詣の参拝者が溢…

ピックアップ記事

  1. 日本のしきたり

    目を疑いたくなる様な祀られ方をされるお地蔵様たち
  2. ことわざ

    毒食わば皿まで
  3. ことわざ

    おおむこうをうならす
  4. 物事の始まり

    人と物が集まるコミュニケーションの場所とは?
  5. 美しき日本の言葉

    十八番(おはこ)とは?
PAGE TOP