日本の風習

『あの世』はどこにあるの?


From:渡辺知応

あの世?向こうの世界?
さてさて、人は亡くなった後は何処に行くのでしょうか?

この疑問について正確な答えを知る人はまずいないでしょう。
死にかけて、奇跡的に生還した方などのお話をたまに聞きますが、、、
実際のところ証拠不十分で再現性がない為、確かめる術が無いのです。

つまり、『あの世』問題は日本国内を問わず、古今東西の永遠の謎ということになります。

なので、今回は日本人の他界観、、、
つまり『この世』で生活する人間とは異なる、祖霊や死霊といった人格的な霊魂や、神様と呼ばれるような存在、または動植物の霊魂を日本人はどのように考えていたか少しお話ししたいと思います。

まず、日本には大きく分けて2つの他界観が存在するそうです。
1つめは、、、
死者の霊魂は近くの山に留まり、子孫を見守りながら、お盆や正月などの決まった時期に帰ってくるという考え方です。

これは多くの日本人の心に刻まれている考え方ですね。
盆暮れ正月といった言葉もこの考え方が起源だと言われています。

この山に留まり決まった期間に帰ってくる考え方を『山中他界観(さんちゅうたかいかん)』と言います。

日本には死者が宿るとされる山が多く存在します。

青森県の恐山(おそれさん)
富山県の立山(たてやま)
三重県の朝熊山(あさまやま)
和歌山県の高野山(こうやさん)
香川県の弥谷山(いやだにやま)

などが代表的な例と言えます。

2つめが、、、
『海上他界観(かいじょうたかいかん)』です。
こちらは海の上というより、海の彼方に『あの世』があるといった考え方です。
私自身はあまり馴染みが無いのですが、、、

和歌山県より広がった熊野信仰の補陀落渡海(ふだらくとかい)や沖縄のニライカナイなどが代表的な例だそうです。
これについては後日改めて書きたいと思います。

また、この他にも霊魂が天に登るといった『天上他界観(てんじょうたかいかん)』

地中に魂が宿るとする『地下他界観(ちかたかいかん)』

海の中に魂が帰る『海中他界観(かいちゅうたかいかん)』
ちなみに浦島太郎が訪れた竜宮城はこの考え方の延長線上だと言われています。

まぁ、とにかく日本には『あの世』の考え方が色々とあります。

ですが、いずれの考え方も亡くなられた方の魂はどこか遠くの『あの世』に行く訳ではないようです。
比較的近い場所にいて、たびたび『この世』に戻ってきては、子孫との交流を重ねるといった考え方が主だそうです。

さてさて、季節は巡り巡って、つい最近年が明けたと思ったら、もう春のお彼岸ですね。
『あの世』から『この世』へ帰ってくるご先祖様との交流ウィークがやって参りますね。

ピックアップ記事

  1. 近代家族の特徴と盲点
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. Photo@espada842

    日本の風習

    「泣き虫、毛虫、はさんで捨てろっ!」の本当の意味とは?

    From:渡辺知応「悪い子はいねぇーがー?泣ぐ子はいねぇーがー??」と…

  2. Photo@t-miki

    日本の風習

    なぜ雛人形を早く片付けなければ、お嫁に行けなくと言われたのか?

    From:渡辺知応今日はひな祭りですね。前回の記事でもお話ししましたが…

  3. 日本の風習

    生活の中に潜む予兆の仕組みを解く

    From:渡辺知応SMAPの解散報道。いやー。今年一番の衝…

  4. 日本の風習

    続・縁起をかつぐ仕組み

    From:渡辺知応前回、『縁起をかつぐ仕組み』という話を少ししました。…

  5. 日本の風習

    学校の怪談が流行る理由

    From:渡辺知応誰もいない音楽室から流れてくるピアノの音…

  6. 日本の風習

    意味不明の読経と意味がわかりすぎる家族の悲しい叫び

    From:渡辺知応今回は新谷尚紀氏の著書『なぜ日本人は賽銭をなげるのか…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    初日の出ブームを後押しした明治国家
  2. 四字熟語

    漢字で書くよりカタカナ語の方がわかりやすい、、、
  3. 語源

    日本語の理解に苦しむ外国人
  4. 二十四節気

    雨季でもないのに『雨水』という言葉をなぜ春の季節に用いたのか?
  5. ことばの由来

    『ぼんくら』の『ぼん』は◯◯用語
PAGE TOP