日本の禁忌(タブー)

夜に爪を切ってはいけない理由とは?


From:渡辺知応

前回、夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?という記事と書きました。
夜に関する禁忌(きんき:嫌って避けること。タブー)は他にも存在します。

”夜に爪を切ってはいけない”
この行動をとれば、親の死に目に会えないと言われています。

現代ではあまり言われることが少なくなったとはいえ、聞いたことがあるのではないでしょうか?

この理由については、、、
古くは照明が発達していない頃に、暗い中で爪を切ることは、怪我をする危険性があったため、慎むようにといった教訓です。

なぜ、この行動が人々の心に強い制止力をもたらしたのでしょうか。
なぜ、照明器具が発達した現代にまでこの伝承が残っているのでしょうか。

まず、夜というのは魑魅魍魎(みちもうりょう)が活動する特異な時間帯です。
(詳しくはこの記事→『夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?』を読んでください。)

そんな時に髪を切ったり身体に刃物をあてたりする行為はとても危険な行為だとされてきました。
つまり、『夜』を怖がり、禁じて忌むべきだといった心意の現れだと言えます。

『爪を切る=親の死に目にあえない』というのは、『霊柩車を見たら親指を隠す』のまじないと同様、親指の先が霊的なものとの接触箇所であり、霊魂の出入り口とされていました。
(詳しくはこの記事→『どうして霊柩車を見たら”親指を隠す”のか?』を読んでください。)
また、指の先は様々な臓器につながっていると陰陽五行説で説かれています。
陰陽五行説について説明をすると長くなるので今回は割愛しますが、、、

つまり、危険だと言われている時間帯にわざわざ自分の身体の大事な部分に刃物をあてて、己をさらに危険に仕向ける奴は長生きしないぞ。
長く生きなければ、親の死に目にあえないぞ。

といった一種の『脅かし』でもありました。

とまぁ、照明器具が普及している現代ではとうてい通じない制止力ではありますけどね。
ましてや、朝昼と多忙なスケジュールをこなす現代人において、爪を切る時間は夜しかない。(と、言ってしまうと言い過ぎになりますかね、、、)
なので、この禁忌はなくなってしまった、、、と言ってもいいのかもしれません。

禁忌のなかには、時代とともに有名無実化するものも少なくありません。
とくに、この『夜』の例はもっとも顕著なものだと思います。

つまり、多くの人が知ってはいるが、実際は破っている伝承といえます。

今後、さらに時代が進めばこのような禁忌は文化や文明の変化とともに変わっていくのだと思います。
たとえ、この伝承が守られなくても、事の始まりなどのルーツを知ることはとても大事だと思いました。

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  5. 近代家族の特徴と盲点

関連記事

  1. 日本の禁忌(タブー)

    玄関を通過してはいけないものとは?

    From:渡辺知応玄関といえば、人や物の出入り口として、当たり前に通過…

  2. 日本の禁忌(タブー)

    夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

    From:渡辺知応『なぜ、夜に口笛を吹いてはいけなのか?』…

  3. 日本の禁忌(タブー)

    迷信とはいったい何なんだ?

    From:渡辺知応いつも、ブログを拝見させてもらってます。毎日書くって…

  4. 日本の禁忌(タブー)

    この記事は絶対に見ないで下さい。

    From:渡辺知応「いいかっ!押すなよっ!絶対に押すなよっ…

  5. 日本の禁忌(タブー)

    丑の刻参りを見てはいけない。

    From:渡辺知応呪いをかけている場面を見ると、その効力が失われるとい…

  6. 日本の禁忌(タブー)

    『見てはいけない』の理由

    From:渡辺知応神話や民話の中に出てくる『絶対に見てはいけない』とい…

ピックアップ記事

  1. ことばの由来

    【怒り】自分自身の保身を守る時に使う『詰め腹を切る』について
  2. 日本の禁忌(タブー)

    玄関を通過してはいけないものとは?
  3. 日本の風習

    え?江戸時代には31日がなかったの?
  4. 日本の昔話

    なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 日本の風習

    『創られた伝統』を加速させる現代の年末年始
PAGE TOP