日本の風習

標準語と方言。さて、どちらが”標準”なのか?

From:渡辺知応

同じ日本語を話しているのに、、、
言葉が通じない。

なんて事がこの日本で起こっています。
そうです、、、
方言です。

出身地によって言葉が通じない事がしばしば起こります。
多くの場合は通じにくいと言った方が正確なのかもしれません。
が、それでもやっぱり通じない事が起こります。

最近のテレビをみていればよくわかるのではないでしょうか?
同じ日本人が話しているのに、画面の下には字幕スーパーが流れています。

よくよく聞いてみると、字幕スーパーと話している内容や意味は同じでも、若干違ったりしている時がありますよね。
また、どう考えても言っている事と出てる表示が全く異なる表現だな、、、って時がごくごくたまにあります。

さらには、地方に行ってレポートをする某番組。
いやはや。字幕スーパーなしでは、もはや理解不能な時があります。
しまいには、編集しても聞き取れなく『%$◎&)’”&〆△*<@ゞ、、、』のようなテロップが流れる時もありますよね。

さて、今回のタイトルにもありますように『標準語と方言。さて、どちらが”標準”なのか?』という疑問ですが、、、

テレビを見ていると、道頓堀付近で買い物をするおばちゃんが『関西弁が標準語やでぇ〜!!』と言っている場面を見かける事がありますよね。
スタジオからの、いやいやいや。。。。といった声が聞こえてくる場面が目に浮かぶのではないでしょうか?

まぁ、標準語ではないのですが、、、
おばちゃんにとって関西弁が”標準”だって事でしょうね。

まず、標準語というのは、そもそも近代以降日本国内で使用する”共通の言語の必要性”があると判断されたために創りだされた言語です。
なので日常生活で用いられる言語とは微妙にズレるものでもあります。

各地域では様々な生活実態があります。
その背景を反映させた会話を行う場合、『標準語』と呼ばれている言語だけでは表現できない部分が出てきます。
つまり、方言(ローカルな言葉)を使わざるを得ないのです。

生活全体を同じような状態に揃えようとする世の中の風潮が進む現代。
方言がなくなりつつあるという主張も聞きますが、、、

観光地などでは、その地域の特色を象徴するために、逆に進んで方言を利用しているという地域もあります。

標準語は日本国が決めた基準であり、元をたどれば、、、
方言こそ、その地域の『標準語』ですよね。

多くの人が使う標準語と呼ばれている語源と方言の関係性が今後の日本を活気付けるのではないかと思う、、、今日この頃です。

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. 日本の風習

    なぜ嫁姑問題が起こらない地域が存在するのか?

    From:渡辺知応前回、『嫁姑問題は人類が抱える最大の問題だ。。。』と…

  2. 日本の風習

    なぜ『正月』を2回も祝う必要があったのか?

    From:渡辺知応 明日は小正月(こしょうがつ)なんだけど、…

  3. 日本の風習

    妖怪と幽霊の違いとは?

    From:渡辺知応先日、こんな質問をされました。『幽霊と妖…

  4. 日本の風習

    東京と富士山の関係

    From:渡辺知応東京23区には40あまりのミニ富士山があります。富士…

  5. 日本の風習

    同じお店が日本各地にあるのに、その地域の特色がわかるお店とは?

    From:渡辺知応2015年現在、日本には5万3182カ所にコンビニが…

  6. 日本の風習

    人類が抱える最大の問題とは?

    From:渡辺知応数年前、私がとても尊敬する先輩がこんな事をいっていま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 4月 20日

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    『端午の節句』の主役は女性?
  2. 日本の風習

    東京と富士山の関係
  3. 四字熟語

    ダメ会社員のあるある『風林火山』ネタ
  4. 日本のしきたり

    結納品のあれこれ
  5. 物事の始まり

    過去と未来が関係する?『縁起をかつぐ』仕組み
PAGE TOP