物事の始まり

遠くの親戚よりも、近くの他人


From:渡辺知応

日本人にとって『親戚』とは、現実の生活の中で深く結びついている関係なのですが、、、
そもそも、『親戚』とはどこまでの範囲を指すか知っていますか?

法律上では『親族』といいますが、、、
民法第725条によると、、、

・6親等内血族
・配偶者
・3親等内の姻族(いんぞく)

を『親族』であると定められています。
つまり、基本的には血縁による関係と婚姻による関係、そしてその父方、母方に分ける事ができます。

ですが、日本ではそれらの区別があまり明確ではありません。
現に、この記事の冒頭で親戚はどこからどこまでをいうのか正確に答えられた人は少ないのではないでしょうか?
なぜなら、日本には親戚、親族、親類など同義語が多数あり、実際は微妙に違うのですが、一般的にはどれも同じような意味で使われている事がほとんどです。

また、日本各地の親戚関係などの本家や分家関係を基礎とした同族集団が存在します。
マキ、カジ、ジルイ、イットウなどと呼ばれているそうです。

このような地域では、分家の分家までさかのぼり、とても古い関係の家も同族に含まれるます。
現在は実際に血縁関係があるわけではないのですが、『親戚』と呼ばれるそうです。

また、仲人親や烏帽子親など、赤の他人でも犠牲的親子関係を結んだ人の家も『親戚』と呼ぶ地域もあります。
(仲人親や烏帽子親についてはまた今度詳しく書きますね。)

近畿地方では、実際は親戚ではないのですが、、、
重親類(おもしんるい)や葬式親類(そうしきしんるい)といった言葉があるそうです。

重親類は比較的関係が深い家をさします。
葬式親類は葬儀式の時にはお互い助け合うような遠い関係の事をいうそうです。
しかし、これらの関係は同じ村の中で生活しているからこそその関係が継続されるそうです。
別の地域に引っ越してしまうと関係が途絶えてしまうのも特徴です。

外国の映画やドラマでは自分と血縁関係を持つ人を親兄弟と同じように扱う場面をみかけますが、、、
日本人にとっての親戚感覚は決して血縁という要素が必ずしも絶対的ではなく、実際の生活の中で深く結びついているのです。

遠くの親戚よりも、近くの他人といったことわざができるのもこのためですね。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 物事の始まり

    『和泉』は何と読むのでしょうか?

    From:渡辺知応学生時代の話です。私は立正大学の仏教学部に通っていま…

  2. 物事の始まり

    近代家族の特徴と盲点

    From:渡辺知応『近代家族』という言葉を聞いた事はありますか…

  3. 物事の始まり

    変じ転じた、不幸の手紙について

    From:渡辺知応日本の風習の中には、元々あった存り方から、変じ転じて…

  4. 物事の始まり

    あまり知られていない『鬼門』の由来

    From:渡辺知応『うしおととら』という漫画をご存知ですか…

  5. 物事の始まり

    公園デビューの主役は子ども?それとも大人?

    From:渡辺知応最近、私が住むお寺から最寄りの駅のちょうど間くらいに…

  6. 物事の始まり

    恐山の名前の由来

    From:渡辺知応あなたは『恐山(おそれざん)』という山を知っています…

ピックアップ記事

  1. 美しき日本の言葉

    噂好きの人や媚を売る人の話
  2. ことわざ

    本当に健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?
  3. 二十四節気

    なぜ、この寒い季節を『立春』と呼んだのか?
  4. 日本の風習

    なぜ、節分の日に豆を投げるのか?
  5. 四字熟語

    馬の耳に、、、
PAGE TOP