日本の風習

続・縁起をかつぐ仕組み


From:渡辺知応

前回、『縁起をかつぐ仕組み』という話を少ししました。
私たちは日頃、過去の不満と未来への不安が入り混じった生活を送っています。
これらは心の負担となり、出来る限り軽減するために縁起をかつぎます。

では、縁起をかくつぐとは一体どういう事なのでしょうか?

まず、縁起かつぎの代表的な例としてすぐに思い浮かぶのが、、、
『鯛(たい)』ではないでしょうか?
そうです。ご祝儀のめでたい席には欠かせない『鯛』です。
『昆布(こぶ)』もまたしかり。
喜ぶを表しているので、パッと閃いたのではないでしょうか。

また、鶴や亀の作り物や絵柄をモチーフにする物もの縁起が良いとされています。
『鶴は千年、亀は万年』と言われように、寿命が長くてめでたいことの意であり、縁起のよい祝い言葉としてよく使われています。

つまり、その物質の性質や言葉の類似に対して、それになぞらえ、あやかる、といった心意ですよね。
似たようなものが互いに感応(かんのう:心が物に感じて応じ答え動くこと。信心が神仏に通ずること。)しあってよい結果をもたらすという事です。

これらは『類感呪術(るいかんじゅじゅつ)』と『接触呪術(せっしょくじゅじゅつ)』と呼ばれています。
『類似の法則』と『接触の法則』とも呼ばれます。
さまざまな縁起かつぎを紐解くと、この2つのどちらかに分類されます。
実際にこのような縁起かつぎはとても多く、昔から現代にかけて根深く浸透しています。

末広がりの『八』は喜びを表す反面、死や苦を連想させる『四』や『九』は忌み慎まれてきました。
しかし、縁起かつぎの考え方はとても深いものです。
慎むはずの『四』ですが、『四つ葉のクローバー』は幸運をもたらすと言われていますよね。

従って一概に類感呪術の考え方だけでは説明できないことも多々あるのです。
これらの根底には宗教や信仰の基盤でもある『超自然的な力』、、、
つまり、自然界の法則を超え、理性や理屈など、理論的に説明のつかない神秘的なものごとの力が深く関わっているのです。

結局のところ、それらに関わる『人の心』が良くも悪くも決めるのではないかと思ってしまいます。

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. 日本の風習

    そんなにお守りをぶら下げなくても、、、

    From:渡辺知応占いが好きだったり、まじないやお守りに関心があるのは…

  2. 日本の風習

    どうして子供の日に柏餅や粽を食べるのか?

    From:渡辺知応現代では5月5日の『子供の日』は国民の休日として多く…

  3. Photo@霖霖七

    日本の風習

    ヨバイの心得

    From:渡辺知応今日はちょいっと面白い記事を見つけたのでそれを丸々シ…

  4. Photo@SamCheong

    日本の風習

    子供だけじゃなく、怠け者にも関係する『節句』のお話

    From:渡辺知応さてさて、暦を見ると明日は『上巳(じょうし)の節句』…

  5. 日本の風習

    無病息災や文字の上達を祈る火祭りとは?

    From:渡辺知応 前回の記事で『左義長(さぎちょう)』とい…

  6. 日本の風習

    呪い(まじない)とは?

    From:渡辺知応占いや呪い(まじない)の方法にはどのようなものがある…

ピックアップ記事

  1. ことわざ

    7つ叱って、5つ教えて、0.03つ褒める
  2. 日本の禁忌(タブー)

    人類史上、最初に掟を破ったのは誰だ?!
  3. 美しき日本の言葉

    尾を振る犬は叩かれず
  4. 四字熟語

    人生とは喜び、怒り、哀しみ、楽しむ、の繰り返し
  5. 語源

    『生命=ありがとう』の方程式
PAGE TOP