日本の風習

人類が抱える最大の問題とは?

From:渡辺知応

数年前、私がとても尊敬する先輩がこんな事をいっていました。
『嫁姑問題は人類が抱える最大の問題だ。。。』と。

まぁ、普通に考えてみればわかる事ですよね。
一つ屋根の下に、生い立ちや価値観の異なる女の人が複数いるのですから、、、

家事全般、子育て、休日の過ごし方、つまりは日常生活から特別な行事まで、基本は一緒でも微妙に違うスタイルで生きてきた者同士がぶつかるのは極々当たり前の事だと思います。

これは見る角度の話ですが、、、
1°ずれると、1m先では1.8cmずれることになります。
1km先になると、18mもずれる事になります。

これを日常生活に例えるなら、、、
たった1°見る角度が違うと言えど、修正もせずに進むと、長い年月をかけて全く違う方向に進んでしまうということですね。

さらにさらに、サラリーマン家庭など、嫁も姑も専業主婦の場合は加速度的に関係が悪化する可能性を秘めています。
まぁ、今はあまりそのような家庭は減ってきているようですが、それでも一定数の世帯では今もそのような家庭があります。

2世帯が同居する場合でも上手くいくスタイルもあります。
代表的な例が、日本の国民的アニメ、サザエさん家のように主婦が母と娘のスタイルです。

家庭内の平和だけを考えるなら、婿養子とかそれに準じた家庭が理想なんでしょうね。
つまりマスオさんスタイルですね。

小学生の頃に核家族化がどうのこうのと、私的にはネガティブな印象を学習しましたが、決してそればかりではないと思います。

よく『スープの冷めない距離』がいいなんて言われます。
いやはいや、うまい事言いますね。
全くもってその通りだと私も思います。

ちなみに、この『スープの冷めない距離』を真面目に実験した団体がいらっしゃいます。
東京都老人総合研究所の心理研究室が1988年に行った『みそ汁の冷めない距離実測実験』です。
で、その結果、約2kmが妥当だということです。
直線ではなく、実際に歩く距離が2kmですよ。
でもまぁ、みそ汁の鍋を持って2kmも歩くのはキツイですけどね。。。

つまり、お互いのプライバシーを守りながら、親夫婦と子供夫婦が仲良く共存していくにはある程度の距離が理想だよ〜
といった一種の格言的な言葉です。

そうそう!よく、昔の日本はどの家庭でも同居していたんだから!という方がいらっしゃいますが、、、
実はそうでもないのです。
親子2世代の夫婦が絶対に同居しない地域というのは数多く存在しているのです。
この件についてはまた今度書きますね。

昔の家庭は『家』単位で仕事をしていまいした。
そこでは老若男女すべての人にそれぞれの仕事が割り当てられていました。
昔から嫁と姑の確執はあったにせよ、少なくとも現代のように社会的に表面化する事はありませんでした。
ちなみに、この嫁姑問題の古い歴史は浅く、戦後の家庭からだと言われておりますが、、、

まぁ、嫁と姑の間にいる人は、永遠に解けない問題のような感覚に陥りますね。
『嫁姑問題は人類が抱える最大の問題だ。。。』うまい事言いますよね。

ピックアップ記事

  1. 近代家族の特徴と盲点
  2. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. 日本の風習

    学校の怪談が流行る理由

    From:渡辺知応誰もいない音楽室から流れてくるピアノの音…

  2. 日本の風習

    『創られた伝統』を加速させる現代の年末年始

    From渡辺知応必ずしも伝統的ではなかった初詣や初日の出が…

  3. 日本の風習

    鬼を祓う役だったのに、その姿が異様で奇怪すぎて鬼になった話

    From:渡辺知応 1年の初めという意味で、正月と立春の行事…

  4. 日本の風習

    日本と韓国の微妙な生活文化の違い

    From:渡辺知応前回、血液型占いのお話をしました。血液型で性格を判断…

  5. 日本の風習

    実は日本の衣食住に深く関わっていた藁(わら)について

    From:渡辺知応私は納豆が好きなのですが、、、小学生の頃…

  6. 日本の風習

    あなたは祭壇に何を残しますか?

    From:渡辺知応私たちは、お通夜やお葬式においてよほど親しい人が亡く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 4月 06日

ピックアップ記事

  1. 物事の始まり

    占いは本当に当たるのか?
  2. 日本の風習

    『玄関』の本来の意味を知っていますか?
  3. 日本の風習

    『向こう三軒両隣』とは?
  4. 美しき日本の言葉

    異性に惚れ込んでしまう様子を『首ったけ』という理由
  5. 日本の風習

    盆踊りと日本独自の『恋のシステム』とは?
PAGE TOP