日本の風習

饅頭が供物の代表格である理由とは?

From:渡辺知応

私たちは一般的に球体のことを『タマ』と呼びますよね。
これには古くからの日本人の考え方が反映されています。

例えば、多くの日本人が『魂』を想像する時には『球体』をイメージするはずです。

この『魂=球体』が仏様や神様に捧げる『供物=自分自信の価値である魂』とつながることになります。

供物の代表格でもある『饅頭』や『丸餅』。
起源は諸説あるのですが、そのうちの一つをお教えしますね。
それは中国の故事によるものです。

三国時代の軍師、諸葛孔明(しょかつかこうめい)。
彼は国政を補佐していた筆頭であることはとても有名ですよね。

そんな孔明が軍を率いて、戦いから勝利し帰る道中のことです。
蘆水(ろすい)という川にさしかかりました。

しかしその蘆水が氾濫していて、一隊は渡ることができません。
この氾濫の原因はどうやらこの蛮地(ばんち)という土地に残る数々の因縁が関係しているとの情報を孔明は得たようです。

この地域での言い伝えでは、『49人の首を切り、その頭を川の神にお供えすれば、氾濫したこの水を抑えることができる』といったものでした。

いやいやいや。
49人の大事な命を差し出すことはできない。
孔明はそう言いながら、その伝えを跳ね除け、しかるべく練りました。

小麦粉をこねて人の頭の形をしたものを49個用意しまいした。
命はさせ出せないが、帰りの道中で必要な食事の材料(つまり、命をつなぐもの)を代わりに差し出したということです。
これを川の神に捧げたところ、みごとに氾濫がおさまり、水が引いたとのとです。

その後、小麦粉をこねて作った丸いものの中に豚などの肉を入れて蒸し上げたものを『蛮頭(ばんじゅう)』と呼ぶようになりました。
人々はこの蛮頭には大地を鎮める力が宿っていると信じられるようになりました。

この蛮頭の呼び方がいつしか饅頭にかわり、仏様や神様に捧げる神聖なものとして広く伝わりました。

そうそう。体や心を癒す温泉街で売っている『温泉饅頭』
有名な温泉街では必ずと言っていいほどその地域の特色をいかした『温泉饅頭』を見かけますよね。
その地域の神様、ましては温泉の源でもある水神様を祀り、大事にしている証拠ですよね。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 近代家族の特徴と盲点

関連記事

  1. Photo@SamCheong

    日本の風習

    子供だけじゃなく、怠け者にも関係する『節句』のお話

    From:渡辺知応さてさて、暦を見ると明日は『上巳(じょうし)の節句』…

  2. 日本の風習

    なぜ嫁姑問題が起こらない地域が存在するのか?

    From:渡辺知応前回、『嫁姑問題は人類が抱える最大の問題だ。。。』と…

  3. 日本の風習

    どうして子供の日に柏餅や粽を食べるのか?

    From:渡辺知応現代では5月5日の『子供の日』は国民の休日として多く…

  4. 日本の風習

    え?江戸時代には31日がなかったの?

    From:渡辺知応江戸時代に『31日』は存在しなかった。ってご存知です…

  5. 日本の風習

    どうして正月が『めでたい習慣』となったのか?

    From:渡辺知応前回は、『正月は盆と同様に先祖の供養をす…

  6. 日本の風習

    『とおりゃんせ、とうりゃんせ』のわらべ唄に隠された秘密

    From:渡辺知応とおりゃんせ とおりゃんせここはどこの細道じゃ天神さ…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    初詣や初日の出はいつから”当たり前”になったのか?
  2. 都市伝説

    不動の都市伝説
  3. ことばの由来

    どざえもんの由来について
  4. 二十四節気

    春を心待ちにする人々の気持ちが最高潮に現れた言葉?!
  5. ことばの由来

    間違った『しゃかりき』の使い方について
PAGE TOP