日本のしきたり

本当に日本人は宗教に寛大なのか?


From:渡辺知応

今日はちょっと面白い記事を見つけたのでそれを丸々シェアしたいと思います。

うーん。。。と思う箇所があるかもしれません、、、
まぁ、一つの意見として見てください。

それでは本文をどうぞ、、、

日本人と宗教
本当に日本人は宗教に寛大なのか?
世界的にみれば日本は仏教圏に分類されているが、実際の日本人の生活には神仏が入り乱れているようだ。

信仰よりも機能優先
「日本人は無宗教」というのは、特に海外の方々からよく聞かされる話である。
世界の宗教区分のなかでは日本は一応仏教圏になるらしいのだが、普段の生活のなかに仏教がそれほど深く浸透しているとは見受けられない。

日本には必ず祈りを捧げに教会のような場所に行くわけでもなく、決まった時間に礼拝を欠かさないというわけでもない大方の日本人には、確かに”敬虔な仏教徒”というイメージはない。
当の日本人も「我々は多神教だ」などと言う人が結構いて、世界の宗教学者を密かに悩ませる文化を育んでいる。

それゆえか、日本国内には実にさまざまな神を戴く宗教宗派が、それほどには疑問視もされずに存在する。
しつこい勧誘やカルト的教団については問題もあるのだが、自身の生活に深く立ち入らなければ、誰がどんな宗教を信じようが特に気にならないというのが、一般の日本人の気質という。

では、日本人は宗教というものに寛大で、多種多様な神の存在を分け隔てなく認めることができる思考の持ち主なのだろうか。

現代の日本人は、神様をその機能によって巧みに使い分けている。
先祖神への祭祀には仏教にその多くを任せ、天照皇大神には豊穣を祈願、商売繁盛は稲荷やえびす、火伏の神は愛宕、学業成就は天神さんなどである。

こうした傾向のなかで、流行しては廃れていった神様は枚挙に暇がなく、なかにはその性格を変えられてしまった神様もいらっしゃる。

たとえば「稲荷」は読んで字の如く当初は稲を荷ってやってくる豊穣の神だったのが、現在では商売繁盛の神様だし、同じ商売繁盛の神である西宮のえびすさんなどは、元々脇社の神だったものが今では本社を乗っ取ってしまった。

”神様”の側からみれば、日本人はご都合主義の神改造を平気でやってのけるコワい人たちなのだ。

(出典:図解雑学こんなに面白い民俗学 -本当に日本人は宗教に寛大なのか?-/橋本章)

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 日本のしきたり

    亡くなった人はいつから『先祖』になるの?

    From:渡辺知応『うちのご先祖さまは、、、』といったような会話を誰で…

  2. 日本のしきたり

    なぜ仏壇と神棚は同じ部屋に祀られているのか?

    From:渡辺知応日本家屋には仏間がありますよね。その部屋にはもちろん…

  3. 日本のしきたり

    結婚をするためにアレは必要か?

    From:渡辺知応最近では、仲人のいない結婚式がほとんどだと思います。…

  4. 日本のしきたり

    日本の歴史から見る、生涯のパートナーを見つける方法

    From:渡辺知応男女の出逢う機会が盆踊りであった。ということは前回の…

  5. 日本のしきたり

    犬と安産を結ぶ、知られざる秘密

    From:渡辺知応以前、中山法華経寺で勤めていた時。今日は…

  6. 日本のしきたり

    安産と帯祝いの不思議な関係について

    From:渡辺知応妊娠5ヶ月目の戌の日になると、子供が無事…

ピックアップ記事

  1. ことわざ

    『縁の下の力持』の由来について
  2. 日本の風習

    同じお店が日本各地にあるのに、その地域の特色がわかるお店とは?
  3. 日本の風習

    鯉のぼりが空を泳ぐ理由とは?
  4. 二十四節気

    なぜ、この寒い季節を『立春』と呼んだのか?
  5. ことばの由来

    間違った『しゃかりき』の使い方について
PAGE TOP