日本の風習

え?江戸時代には31日がなかったの?

From:渡辺知応

江戸時代に『31日』は存在しなかった。ってご存知ですか?
日本の暦(こよみ:まぁ、今で言うカレンダー的なものですね)を知る上で大切なキーワードがあります。

それは、、、
『月』です。

まず『朔日(さくじつ)』という単語があります。
これは新月の出る日です。
つまり、月の第一日の事をいいます。

そして『朔望月(さくぼうじつ)』という単語。
これは月が朔(新月)から次の朔にいたるまでの期間を言います。

太陰太陽暦(旧暦)ではこの期間を1ヶ月としていました。
太陰太陽暦(たいいんたいようれき)とは月を基準に時を見ていました。
ちなみに今は太陽暦(たいようれき)といい、太陽を基準として時を見ています。

従って、月の周期で計算するので1ヶ月の平均は29.53日ととても中途半端でした。
そこで、暦では29日の『小の月』と30日の『大の月』がありました。

つまり、、、
江戸時代の暦には31日という月は存在しないのです。

また、当月が『小の月』なのか『大の月』なのかは、その年によって変わる事も大事なポイントです。

そして『晦日(みそか)』という単語です。
これは『つごもり』とも読みます。
『つごもり』は『月隠り(つきごもり)』がなまった言い方です。

『月隠』の漢字からもわかるように、月の光が隠れて見えなくなる月末を指します。
ちなみに旧暦である太陰太陽暦では12月29日ないし30日を『大晦日(おおつごもり)』と呼んでいました。

現代では12月31日を『おおみそか(大晦日)』と呼ぶのは江戸時代の暦の名残なのです。
まぁ、265年も続いた世間の風習はそうそう簡単には無くならないもので、、、

どんなに時を隔てても重要な事柄は人々の心のDNAに刻み込まれるといった具合ですかね。

『日本の暦』は日本の風習やしきたりを知る上でとても重要です。
ぜひ覚えておいてください!

ピックアップ記事

  1. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. 日本の風習

    なぜ、節分の日に豆を投げるのか?

    From:渡辺知応節分といえば、、、日本国民のほぼ全ての人…

  2. 日本の風習

    なぜ河童はキュウリが好きなのか?

    From:渡辺知応色々な事が科学的に証明されていている現代でも不思議な…

  3. 日本の風習

    無病息災や文字の上達を祈る火祭りとは?

    From:渡辺知応 前回の記事で『左義長(さぎちょう)』とい…

  4. 日本の風習

    『とおりゃんせ、とうりゃんせ』のわらべ唄に隠された秘密

    From:渡辺知応とおりゃんせ とおりゃんせここはどこの細道じゃ天神さ…

  5. 日本の風習

    なぜ『正月』を2回も祝う必要があったのか?

    From:渡辺知応 明日は小正月(こしょうがつ)なんだけど、…

  6. 日本の風習

    日本の風習に合った出生の順番とは?

    From:渡辺知応『一姫二太郎(いちひめにたろう)』という言葉を聞いた…

ピックアップ記事

  1. 語源

    へそくりの語源に迫る
  2. 日本の風習

    無病息災や文字の上達を祈る火祭りとは?
  3. 語源

    なぜ、時を示す文字は日や月を使うのか?
  4. 日本のしきたり

    安産の神様のマストアイテムは箒(ほうき)?!
  5. 二十四節気

    春を心待ちにする人々の気持ちが最高潮に現れた言葉?!
PAGE TOP