四字熟語

『無病息災』を目指すなら病気をする事


From:渡辺知応

お寺や神社に行き、手を合わせて何かのお願いをする、、、
その際、特に決まった願い事がない時は、家内安全や身体健全を祈るのではないでしょうか。

何はともあれ、家庭内が円満でそれぞれが健康であってほしいという事ですよね。
ここでよく言われるのが四字熟語の『無病息災』です。
ですが、現代はこの『無病息災』に矛盾が出てきているのです、、、

まず、『無病』は読んで字の如く、病気が無い。
『息災』の『息』は呼吸のいきではなく、仏教語で『止める』という意味です。

つまり、災いを止めて病気の無い毎日を過ごせますように。といった意味です。

さて、『無病息災』を目指し日々の生活をしている私たちですが、、、
現代の医療技術はそんな私たちの気持ちをあたかも打ち砕くのです。

例えば、健康診断。
最近の検査はとても精密で、どこか悪いところがあればほとんど見つけてくれる優れものです。

うーん。まぁ、病気とはいかないまでも、何々の数値が基準を上回っていますね〜。
これは何々の病気の予備軍ですな〜
お酒?まぁ〜ほどほどにして下さいね〜
タバコ?今すぐやめなさい。

などなど、こまかく探せばどこかしら注意する点はあるのが現代に生きる私たちの宿命でもあります。
どこも悪く無く、全く病気とは無縁で、元気な人はめでたいことではあります。
が、しかしちょっと話が上手すぎると思った方がいいらしいです。

なぜかといえば、、、
現代人としてどこか欠ける点があるのではないかと思われたり。。。
普通なら感じるはずのストレスの神経が抜けていると思われたり。。。
元気な人に限って、ポックリ逝くぞ。などと言われたり。。。

健康なのに陰口を叩かれたりする人もいるようです。

現代では単純明快に『無病息災』を喜ぶ時代ではなという事です。
逆に『一病息災』などという次善が最善だと言われたりします。

まぁ、確かに『一つの病気がみつかり、その後の災いを止める』方がかえって、健康でいれるのかもしれません。

例えば、このままでは何々の病気になるから運動をしなさい。
1日8000歩は歩きなさい。
と、言われて歩けば、他の病気も防げるといった具合ですね。

『無病息災』という四字熟語も現代の風潮によって『一病息災』と変わり、、、
『一病息災』が健康の秘訣と言いながら『無病息災』を目指す。

結局行き着くところ、やっぱり私たちは、災いを止めて病気の無い毎日を過ごす事を願うのですね。

ピックアップ記事

  1. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  2. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?

関連記事

  1. 四字熟語

    四苦八苦ってどんな苦しみ?

    From:渡辺知応四苦八苦の末にやっと完成したよ!!といった具合に、『…

  2. 四字熟語

    本当の国士無双は誰だ?

    From:渡辺知応『国士無双』とは、天下第一で優れた人物を言います。『…

  3. 四字熟語

    最後に頼るのが仏様や神様である理由

    From:渡辺知応 しばしば、運がいいとか悪いとか、、、…

  4. 四字熟語

    意味がわかるようで、かわらない、『いみしん』の意味とは

    From:渡辺知応意味深長を略して『いみしん』と言った方がしっくりくる…

  5. 四字熟語

    乱雑や乱暴な様子を言う言葉

    From:渡辺知応 『狼藉者(ろうぜきもの)』という言葉は時…

  6. 四字熟語

    他人が飲み残したお酒と冷たい焼肉のお話

    From:渡辺知応 『残杯冷炙(ざんぱいれいしゃ)』という四…

ピックアップ記事

  1. ことわざ

    物事は、なるようにしかならない話
  2. 美しき日本の言葉

    『嬲』から連想する男女の関係
  3. 日本の禁忌(タブー)

    夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. ことわざ

    手に負えない人を指すことわざ『薬缶で茹でた蛸』について
  5. 日本の風習

    続、敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
PAGE TOP