日本の風習

どうして子供の日に柏餅や粽を食べるのか?

From:渡辺知応

現代では5月5日の『子供の日』は国民の休日として多くの人に親しまれていますよね。
まぁ、大型連休の一環であることがその主たる理由だと思いますが、、、

この日は五節句のひとつである『端午の節句』です。
五節句とは幕府がきめた江戸時代の公式な式日(祝日)でした。
1月7日の『人日』
3月3日の『上巳の節句』
5月5日の『端午の節句』
7月7日の『七夕』
9月9日の『重陽の節句』

さて、端午の節句に粽(ちまき)や柏餅(かしわもち)を食べて、健やかな健康を祈ってお祝いをしますよね。
なぜ、粽や柏餅を食べるのでしょうか。

これは中国の故事に由来します。

昔々の中国で、、、
正確には『楚の国』でのことです。
楚の国とは、春秋戦国時代の中国は、統一国家ではありませんでした。この時代は7つの大きな国が存在していました。そのうちの1つの王国が『楚』となります。

話がそれました、、、
その楚の国に『屈原(くつげん)』という男がいました。

ある年の5月5日のことです。
屈原は汨羅(べきら)という川で入水自殺をはかりました。

人々は屈原の死に悼みました。
供養のために餅を川に投げ入れてその死を弔いました。

時は進みやがて『漢』の時代になりました。
その頃、屈原の幽霊が現れると町中では噂になりました。

その理由を探ると、、、
屈原の供養は毎年続けられていました。
ですが、その餅が屈原の手に届く前に、その川に棲む蛟龍(こうりょう:雉(きじ)と龍の子供。四つ足の龍で伝説の生き物)が食べていたそうです。

策を練った村人は、楝の葉(おうち:栴檀(せんだん)とも呼ばれます。この葉には邪気を避ける霊力があるとされています。日本では、楝の木は門の材料として使われた記述があります。)で餅を包みました。
そして五色の意図で縛り川に投げ入れるようになりました。
これが粽の始まりだと言われています。

西日本では粽を食べることが多かったのですが、、、
関東などでは江戸時代以降、柏の葉に巻くようになりました。

柏の葉は枯れても落ちません。
その状態で新芽を出します。
この事にあやかって、絶えることなく家系が続く縁起物とされました。

ちなみに、、、
男の子の節句で出される粽の形は三角錐ですよね。
で、女の子の節句に出されるお餅は菱形ですよね。
これはいずれも男女の性器が元型だといわれています。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  3. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 日本の風習

    続・縁起をかつぐ仕組み

    From:渡辺知応前回、『縁起をかつぐ仕組み』という話を少ししました。…

  2. 日本の風習

    七夕が終わった後の短冊はどうするの?

    From:渡辺知応今日は七夕ですね。晴れるかな?あなたは短冊に願い事を…

  3. 日本の風習

    神に新化した妖怪がいるのをご存知ですか?

    From:渡辺知応日本を代表する妖怪アニメ。ゲゲゲの鬼太郎…

  4. 日本の風習

    なぜ『正月』を2回も祝う必要があったのか?

    From:渡辺知応 明日は小正月(こしょうがつ)なんだけど、…

  5. 日本の風習

    なぜ、節分の日に豆を投げるのか?

    From:渡辺知応節分といえば、、、日本国民のほぼ全ての人…

  6. 日本の風習

    へそ手お辞儀はわざとらしい?!

    From:渡辺知応コンビニやスーパー、デパートにレストラン、ホテルの従…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    『端午の節句』の主役は女性?
  2. 日本の風習

    続・縁起をかつぐ仕組み
  3. 日本の風習

    あなたは祭壇に何を残しますか?
  4. ことわざ

    物事は、なるようにしかならない話
  5. 美しき日本の言葉

    夏だけど、、、春はあけぼの
PAGE TOP