日本のしきたり

結婚をするためにアレは必要か?


From:渡辺知応

最近では、仲人のいない結婚式がほとんどだと思います。
ましてや、両親や親族が全く関与しない披露宴もあるとかないとか、、、
つまり、個性的な結婚の通過儀礼が多くなってきているのだという事ですね。

さて、そんな中でも一番省略されつつあるのが、、、
結納ではないでしょうか。

もともと結納とは『婚姻に先立って婿方が嫁家へ持参する物品あるいはその儀礼』を意味しています。
結納は『ユヒノモノ』と呼ばれていました。
これは婿本人が初婿入の際に持参する酒肴(しゅこう)を意味します。
これになぞらえて、『結納婚』という言葉がある地域も存在します。

結納の語源については諸説あります。
婿方から嫁方へ結婚の申し入れをするという意味の『言い入れ』に由来するとう説があります。
つまり、プロポーズをもって結納したという事ですね。
ふむふむ。これならば友人に『結納はしたの?』
と聞かれたら『えぇ。まぁそれなりにしましたよ。えぇ。』と言えますね。

また、労働交換の慣行(つまり、結婚をすることによって、両親との世代交換する為の始めの一歩ということ)と同義語の『結(ゆい)』という説もあります。

つまり、もともと結納は仰々しい儀礼ではなく、簡素な酒や肴を持ち入り渡したり、またはそれらを婿嫁双方の家族と共に食べることでした。

地域によっては結納をしない風習がある所も存在します。
昔は誰もがやっていたと思いがちな結納ですが、必ずしも一般的な儀礼ではなかったようです。

ピックアップ記事

  1. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  2. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. 日本のしきたり

    日本の歴史から見る、生涯のパートナーを見つける方法

    From:渡辺知応男女の出逢う機会が盆踊りであった。ということは前回の…

  2. 日本のしきたり

    結納品のあれこれ

    From:渡辺知応前回は『結納』の言葉の語源をお話ししました。では、具…

  3. 日本のしきたり

    亡くなった人はいつから『先祖』になるの?

    From:渡辺知応『うちのご先祖さまは、、、』といったような会話を誰で…

  4. 日本のしきたり

    目を疑いたくなる様な祀られ方をされるお地蔵様たち

    From:渡辺知応少し前にお話した『道の神様』をお覚えてい…

  5. 日本のしきたり

    家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

    From:渡辺知応子供の頃の話です。新しい靴を買った時は、家の…

  6. 日本のしきたり

    敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

    From:渡辺知応池上本門寺で住み込み修行をしてた…

ピックアップ記事

  1. 四字熟語

    羊を追いかけた結末の話
  2. 日本の風習

    『創られた伝統』を加速させる現代の年末年始
  3. 日本の風習

    東京と富士山の関係
  4. 日本のしきたり

    安産と帯祝いの不思議な関係について
  5. ことわざ

    人を呪わば穴二つ
PAGE TOP