日本のしきたり

結納品のあれこれ


From:渡辺知応

前回は『結納』の言葉の語源をお話ししました。
では、具体的に婿方は嫁方に何を送っていたのでしょうか。

地域によって異なりますが、、、
結納品は東日本と西日本とで明らかな違いがみられます。

まず、東日本型と呼ばれる関東式では全ての結納品を一つの台にのせてお渡しします。
逆に西日本型と呼ばれる関西式では一品ごとに別々の台に乗せて相手方にお渡しします。

結納品は地域によって差異がみられますが、基本的に欠かせない物は、、、
・熨斗(のし)
・末廣(すえひろ)
・寿留女(するめ)
・子生婦(こんぶ)
などの酒肴は必ず必要とされています。
縁起をかつぎ語呂の良い漢字を充てて表記されます。
なので、ほとんどが当て字になります。

熨斗は元来長寿を表す鮑(あわび)を使いこしらえていました。
元来、熨斗は熨斗鮑と言いました。
まず、アワビの肉を薄く削いだ後に、干して琥珀色の生乾きになったところで、竹筒で押して伸ばします。
更に水洗いと乾燥、押し伸ばしを交互に何度も繰り返すことによって調製したものが熨斗の原型なのです。

末廣は2人の人生が末広がりで幸せが次第に多くなるようにと扇の形にあやかり願いを込めた一種の縁起物です。

また、『友白髪』という、麻糸を束ねて白髪に見立てた祝い物もあります。これは「夫婦共々白髪になるまで仲良く長生きすること」という願いが込められているのです。
長寿と夫婦円満の象徴でもありますね。
また、西日本では高砂人形を加えて贈ることもあるようです。

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. 日本のしきたり

    日本の歴史から見る、生涯のパートナーを見つける方法

    From:渡辺知応男女の出逢う機会が盆踊りであった。ということは前回の…

  2. 日本のしきたり

    境界にまつわる、タブーや不気味な話について。

    From:渡辺知応夕方の黄昏時とか、深夜の丑三つ時。昔から…

  3. 日本のしきたり

    お札とお守りについて

    From:渡辺知応お寺や神社にお参りすると、境内にお札やお守りが売られ…

  4. 日本のしきたり

    塩や米糠は、どうして清めの品に使われるのか?

    From:渡辺知応よく、BARとか個人経営の居酒屋さんの入…

  5. 日本のしきたり

    敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

    From:渡辺知応池上本門寺で住み込み修行をしてた…

  6. 日本のしきたり

    犬と安産を結ぶ、知られざる秘密

    From:渡辺知応以前、中山法華経寺で勤めていた時。今日は…

ピックアップ記事

  1. ことわざ

    濡れ手で粟ならぬ、小銭を掴む話
  2. 語源

    ダジャレじゃない。縁起をかつぐ語呂合わせ。
  3. 四字熟語

    優柔不断な人は芯がない人?
  4. 美しき日本の言葉

    夏だけど、、、春はあけぼの
  5. 物事の始まり

    恐山の名前の由来
PAGE TOP