美しき日本の言葉

新シリーズ『美しき日本の言葉』とは?

From:渡辺知応

日本語は難しい、、、
そう言っていたのは、日光で出会った日本語学校に通う外国人の方です。

例えば、英語で『I am』と言えば、自分自身を指す『主語+be動詞』ですよね。
しかし日本語では、、、
『私』『僕』『俺』『自分』『せっしゃ』『アタクシ』『あたち』などなど。
色々と言い換えることができますよね。

また、『標準語と方言。さて、どちらが”標準”なのか?』でもお話しした通り、、、
関東圏で使われている標準語や関西方面での関西弁、地方での方言などなど。
私たち日本人でも日本各地にある日本語を正確に使ったり、聞き取ったりすることは難しいと言えます。

日本の風習やしきたりを知る上でこの『日本語』を探ると面白い発見をすることがあります。

例えば、『しこたま』と聞けば、、、
『儲ける』とイメージする方が多いと思います。
あるいは、『貯め込む』や『買い込む』と組み合わせて使われることもありますよね。

つまり、『大量に』という意味ではありますが、、、
『うんと』や『どっさり』では追いつかないほどの『沢山』といった意味合いになります。

『しこたま』の元になった言葉は『しこだめる』だと言われています。
この動詞は『むやみやたらに貯め込む』といった意味です。

これが副詞に転じて、『しこだめ』になりました。
各地に伝わり、語形が変わっていき、、、
江戸に到着する頃には『しこたま』になったと考えられるようです。

また、地方では、『しこだけ』『しこたか』『しこたん』などの方言形もみられます。

『しこたん』なんて『しょこたん』みたいで、なんか可愛いですね。
でもまぁ、『貯め込む』といったネガティブイメージの言葉ですけどね。。。

『しこたま』にはなんでネガティブイメージが付きまとうかというと、、、
元々の語源である『しこだめる』には、『金品を巻き上る』や『着服する』といった意味もあったようです。
そのなごりから、『しこたま騙し取られた』や『しこたまふんだくる』といった悪いイメージが付きまとうようになったようです。
まぁ、少なくとも品のない言葉ではありますよね。

また、金品には関係なく、程度の甚だしい様子にも使われます。
例えば、『しこたま叱られた』や『しこたましぼられた』など、、、
まぁ、ネガティブイメージには変わりありませんね。

今回からの新シリーズ『美しき日本の言葉』
日本語の語源を知ることで見えてくる日本の風習やしきたりがあります。
それでは次回もお楽しみに〜!

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  3. なぜお墓は石で作られているのか?
  4. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  5. トイレに唾を吐いてはいけない理由

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    夏だけど、、、春はあけぼの

    From:渡辺知応最近では、おもむきある言葉もあまり聞かなくなってきた…

  2. 美しき日本の言葉

    拝啓 つつがなくお過ごしのことと存じます。

    From:渡辺知応 『つつがなくお過ごしのこと存じます。』と…

  3. 美しき日本の言葉

    まぼろし〜♪ではなく、まほろば〜♪

    From:渡辺知応 『まほろば』という日本語があります…

  4. 美しき日本の言葉

    『しゃらくさい』ってどんな意味?

    From:渡辺知応 時代劇などで、威勢のいい男性役者さんが『…

  5. 美しき日本の言葉

    男時と女時はどんな時?

    From:渡辺知応昇進が決まり、持っている株の値があがり、フットサルの…

  6. 美しき日本の言葉

    総スカンの『スカン』って何?

    From:渡辺知応 『仲間うちから総スカンを食らう』や『いい…

ピックアップ記事

  1. 美しき日本の言葉

    十八番(おはこ)とは?
  2. 日本のしきたり

    目を疑いたくなる様な祀られ方をされるお地蔵様たち
  3. 日本の昔話

    歴史に名を残す台風の話
  4. 日本のしきたり

    本当に日本人は宗教に寛大なのか?
  5. 四字熟語

    最後に頼るのが仏様や神様である理由
PAGE TOP