ことわざ

海老で釣られる鯛は幸せである理由


From:渡辺知応

魚の王様である『鯛』
はたまた、伊勢海老や車海老などは『海老』の中でも立派で高価なものです。

さてさて、この両者がことわざになった言葉が『海老で鯛を釣る』ですが、、、
このことわざは、高価なものを使って高価なものを得るといった話ではありません。
どういう事かと言うと、、、

このことわざで取り上げられている『海老』とは、釣りの餌として使われる、ごくごく小さな海老の事です。
つまり、わずかな手元で大きな利益を得るという事です。

しかし、何も海老で鯛を釣るのがセオリーではありません。
色々な古い文献などをひっくり返すと、日本人は様々な餌を使って鯛を釣っていたようです。

例えば、、、
色々な種類の入りまじった小魚といった雑魚であったり、、、
『虻(あぶ)』や『蝗(いなご)』、『尺取虫』といった昆虫であったり、
『麦飯』や『米粒』などの私たち人間の主食を使う事例もあります。
あげくの果てには、『鼻クソ』といった排泄物までが釣りの餌に使われていたそうです。

まぁ、そもそも鼻クソなんぞで魚が釣れるのか?
はなはだ疑問ですよね。
実際に見てみたいものです。うーん。。。

現代ではルアーや毛鉤(けばり)など、餌は餌でも魚にとっては美味しくもない、食べられないまがいもの『餌』で釣り上げるフィッシング方法もありますよね。
やらずぼったくりの的な釣りも盛んな事を考えれば、海老で釣られれる魚はまだ幸せなのかと思ってしまう今日この頃です。。。

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  3. なぜお墓は石で作られているのか?
  4. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  5. 近代家族の特徴と盲点

関連記事

  1. ことわざ

    木から落ちた猿

    From:渡辺知応 木を生活の場としている猿でも、木から落ち…

  2. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について

    From:渡辺知応『医者の不養生』ということわざがあります。これは、病…

  3. ことわざ

    イワシの怒りのことわざ

    From:渡辺知応 『ごまめの歯ぎしり』ということわざがあり…

  4. ことわざ

    『縁の下の力持』の由来について

    From:渡辺知応 『縁の下の力持』ということわざの『力持』…

  5. ことわざ

    手に負えない人を指すことわざ『薬缶で茹でた蛸』について

    From:渡辺知応『薬缶で茹でた蛸(たこ)』ということわざがあります。…

  6. ことわざ

    病気の総数は404+1種類?

    From:渡辺知応 『四百四病(しひゃくしびょう)より貧ほど…

ピックアップ記事

  1. ことわざ

    自分がしっかりしなきゃいけない『医者の不養生』について
  2. 物事の始まり

    『道の神様』がいるのをご存知ですか?
  3. 日本のしきたり

    結婚をするためにアレは必要か?
  4. 四字熟語

    四苦八苦ってどんな苦しみ?
  5. 二十四節気

    1年で最も寒い時期だけど、春はすぐそこを表す『大寒』について
PAGE TOP