日本の風習

『玄関』の本来の意味を知っていますか?

From:渡辺知応

さて、突然ですが、あなたのお家に『玄関』はありますか?
何を当たり前の事を!と思うかもしれませんね。
まぁ、確かに現代において、家に『玄関』がある事は当たり前ですからね。
しかし、昔の一般庶民が住む家屋に『玄関』は存在しなかったのです。

まず、『玄関』の本来の意味ですが、、、
現代では建物の正面入り口を『玄関』と言います。
ですが、本来は『玄妙な道に入る関門』の意味として日本に伝わった仏教用語なのです。

玄妙(げんみょう)とは、道理や技芸が、とても”奥深く”(玄)、尚且つ”すぐれている”(妙)といった意味です。

関門(かんもん)とは、ある目的を達する為にはどうしても突破しなければならない難所や、突破するのがとても困難な所などを意味します。

つまり『玄関』を仏教的に言うならば、『悟りという深遠な仏道の修行へ踏み込む入り口』といったところです。

では、どうして現代のような意味で使われるようになったのでしょうか。

かつてはインドから中国へ伝わった仏教です。
その際、玄関は『精神を集中して無我の境地に入る為の手がかり』といった意味で使われていました。
このことがやがて『仏教寺院の入り口』を指すようになりました。

そして日本に仏教が伝わり、鎌倉時代の寺院建築におて日本にも《寺院の入り口=玄関》という文化が広まっていったそうです。

やがて室町時代になると寺院建築にもっとも使われていた『書院造(しょいんづくり)』という建築様式が、朝廷の人々や各地の将軍の屋敷に採り入れられるようになったのです。

すると、次第に屋敷の車寄せや入り口に近い客間や家来が控えている部屋のある場所を寺院ではないけど『玄関』と呼ぶようになりました。

さらに時代は進み、江戸時代の名主の邸宅には必ず玄関が備え付けられました。
つまり、玄関のある屋敷は『名主の家』という意味になったそうです。
ちなみに一般庶民の家の入り口は『おおど』と言いました。

この時代は、町内の揉め事などがあると多くは名主宅の玄関で解決されたそうです。
それだけ玄関という場所は、庶民にとっては単なる屋敷の一部ではなく、重要で神聖な場所であったそうです。
まぁ、今で言えば家庭裁判所のような役割をしていようです。

現代においては一般住宅に玄関があることは当たり前すぎて気にも止めませんよね。
また、家屋にかぎらず大きなビルや商業施設の入り口を『玄関ロビー』や『正面玄関』と呼びますよね。
大きな駅や空港は『街の玄関』や『空の玄関』といった呼び名で親しまれています。

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 近代家族の特徴と盲点
  4. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  5. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

関連記事

  1. 日本の風習

    饅頭が供物の代表格である理由とは?

    From:渡辺知応私たちは一般的に球体のことを『タマ』と呼びますよね。…

  2. 日本の風習

    意味不明の読経と意味がわかりすぎる家族の悲しい叫び

    From:渡辺知応今回は新谷尚紀氏の著書『なぜ日本人は賽銭をなげるのか…

  3. 日本の風習

    へそ手お辞儀はわざとらしい?!

    From:渡辺知応コンビニやスーパー、デパートにレストラン、ホテルの従…

  4. 日本の風習

    鯉のぼりが空を泳ぐ理由とは?

    From:渡辺知応前回、『端午の節句』の主役は女性?といった記事を書き…

  5. 日本の風習

    現代も続けられる”お百度参り”

    From:渡辺知応お寺や神社の境内にいて、お百度石(ひゃくどいし)と呼…

  6. 日本の風習

    続、敷居や畳の縁を踏んではいけない理由

    From:渡辺知応日本の家屋の中で『敷居』には常に不思議な言い伝えが付…

ピックアップ記事

  1. 日本の禁忌(タブー)

    覗いてはいけない。入ってはいけない。そんな部屋のお話
  2. ことばの由来

    間違った『しゃかりき』の使い方について
  3. 語源

    『生命=ありがとう』の方程式
  4. 日本のしきたり

    安産と帯祝いの不思議な関係について
  5. 四字熟語

    『四字熟語』は四字熟語なのか?
PAGE TOP