四字熟語

ダメ会社員のあるある『風林火山』ネタ

From:渡辺知応

『風林火山』と言えば、武田信玄の軍旗が頭に浮かぶのではないでしょうか。
ですが、元々は、、、
孫氏の兵法です。

その疾きこと風の如く
その徐かなること林の如く
侵掠すること火の如く
動かざること山の如し

つまり、戦いにおける四つの心構えを述べた語ですね。
軍事行動の極意として戦国時代にはぴったりの教訓ですよね。

風のように素早く動き
林のように静かに構え
火のような激しい勢いで侵略し
山のようにどっしりと構えて動かない

現代では戦国『風林火山』の意が転じて、物事の対処の仕方に使われる事があります。

さて、幸いな事に現在の日本は戦乱のない、いたって平和な時代です。
まぁ、あっても些細なケンカ程度ですよね。

そんな現代において『風林火山』を自身の会社の経営方針にあてる方も多いとの事です。
社員一丸となってダイナミックに力強く誠意的に仕事を進めてほしいといった意味が込められているのでしょうか。

ですが、そんな社長や経営陣の気持ちも虚しく、その会社の従業員の一人や二人は全く異なる風林火山の意が当てはまる人がいるはずです。

例えば、、、
退社時間になると風のように素早く動き引き揚げていく人とか、、、
勤務時間中は居眠りをしてひたすら静かに構えている人、、、
ちょっとでも面白くない事があればふてくされて、激しい勢いでキレやすいこと火の如く、、、
何か用事を頼まれても、腰が重く全く動かないこと山の如し、、、

朝の情報番組”ZIP!”の『朝だよ!貝社員』に出てきそうな人が近くにいませんか?

良くも悪くも使える『風林火山』の四字熟語。
良い評価対象として言われたい言葉ですね。

ピックアップ記事

  1. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  4. なぜお墓は石で作られているのか?
  5. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由

関連記事

  1. 四字熟語

    羊を追いかけた結末の話

    From:渡辺知応 『多岐亡羊(たきぼうよう)』という四字熟…

  2. 四字熟語

    乱雑や乱暴な様子を言う言葉

    From:渡辺知応 『狼藉者(ろうぜきもの)』という言葉は時…

  3. 四字熟語

    牛が一鳴きする距離

    From:渡辺知応 『一牛鳴地』という四字熟語をご存知ですか…

  4. 四字熟語

    『四字熟語』は四字熟語なのか?

    From:渡辺知応 『四字熟語』は四字熟語なのか? ふと…

  5. 四字熟語

    晴れた日が良い天気とは限らない理由

    From:渡辺知応 困った時の友を真の友と言う。と言ったフレ…

  6. 四字熟語

    墓に布団は着せラレズ、、、

    From:渡辺知応 今日は、おっ!と思う記事を見つけたのでそ…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    七夕が終わった後の短冊はどうするの?
  2. Photo@霖霖七

    日本の風習

    ヨバイの心得
  3. 語源

    ベソをかくの語源に迫る
  4. ことわざ

    物事は、なるようにしかならない話
  5. 美しき日本の言葉

    なぜ命拾いをした時に『クワバラ、クワバラ』と言うのか?
PAGE TOP