四字熟語

本当の国士無双は誰だ?

From:渡辺知応

『国士無双』とは、天下第一で優れた人物を言います。

『国士』というだけでも一国の優れた人物を言いますが、、、
これに『無双』すなわち、他に並ぶものが無いと言うんだから、もう天下一品な人ですよね。
そこら辺にめったにいるわけでも無い、貴重の中の超貴重。

ちなにに麻雀においても最高の役の一つですよね。
(ちなみに僕は麻雀が出来ません。ので、友人が言っている事の受け売りです。あはは)

さて、国士無双と言えば、、、
漢の大将軍となった『韓信(かんしん)』が代表的な人物です。
この韓信は忍耐の第一人者として知られています。
『ならぬ堪忍、するが堪忍』というときには必ず引き合いに出されるのが、韓信の股くぐりです。

韓信の青年時代はとても悔しい思いをして過ごしたそうです。
その中でも『股くぐり』はとても有名な話です。

ある日、青年韓信は、地元で有名な不良に喧嘩を売られた。
『おいおい、そこの君。そうそう君だよ君。
ん?お前の腰にさしている刀は飾りか?おもちゃか?
ほー。本物の刀か!
まぁもし、それが飾りじゃないっていうんなら、俺を斬ってみろ。
それができないなら、俺の股の下をくくってみろ(笑)』

と、まぁ韓信は不良に馬鹿にされたわけですが、迷わず股の下をくぐったそうです。

しかしそこには韓信の大きな志があったからなのです。
韓信には、将来成し遂げるべき大きな志があるのに、、、
目の前の不良をぶった斬ってしまったら、それが台無しになってしまう。

股の下をくぐるという屈辱を受けるわけですが、、、
韓信は自分の志のため、このことを躊躇することなく選ぶのです。

この噂は漢の国の大臣たちから高く評価されました。
が、もちろんそんなにすぐに取り立てられることは無いですよね。

ここでもヤンや言われて嫌気が刺すわけです。
で、逃げ出す。と、、、

大臣の一人、蕭何(しょうか)が連れ戻すわです。
それも、何度もです。

そので漢の王は言いました。
『なぜ、そんなに韓信を連れ戻すのだい?』と。

すると蕭何はこう答えました。
『韓信ほどの人材はいません。もし漢王がこの丁度で終わるようでしたら、韓信は必要ありません。が、もっとこの国を大きくしたいなら韓信の力が必要になります。』
と、説得したそうです。

かくして、蕭何が漢王に取り入って韓信を大将軍にして漢の国は大きく発展したそうです。

巷では国士無双の韓信と呼ばれていますが、、、
まぁ、どう見ても、漢の王と韓信、漢の国をまとめあげた大臣の蕭何の方が国士無双ですよね。。。

ピックアップ記事

  1. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?
  2. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  3. トイレに唾を吐いてはいけない理由
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?

関連記事

  1. 四字熟語

    『四字熟語』は四字熟語なのか?

    From:渡辺知応 『四字熟語』は四字熟語なのか? ふと…

  2. 四字熟語

    羊を追いかけた結末の話

    From:渡辺知応 『多岐亡羊(たきぼうよう)』という四字熟…

  3. 四字熟語

    馬の耳に、、、

    From:渡辺知応 『馬耳東風(ばじとうふう)』という四字熟…

  4. 四字熟語

    『無病息災』を目指すなら病気をする事

    From:渡辺知応お寺や神社に行き、手を合わせて何かのお願いをする、、…

  5. 四字熟語

    あなたの知らない『四字熟語』の世界

    From:渡辺知応絶好調の滑り出しを見せている新シリーズ『美しき日本の…

  6. 四字熟語

    おみくじを引く鳥の話し

    From:渡辺知応 山雀利根(やまがらりこん)? あまり…

ピックアップ記事

  1. 日本の風習

    『かごめかごめ』の遊びに隠された秘密
  2. 物事の始まり

    読めない地名が出来た理由
  3. 四字熟語

    本当の国士無双は誰だ?
  4. 四字熟語

    どこか信用が置けない人を指す四字熟語
  5. 日本の風習

    鬼を祓う役だったのに、その姿が異様で奇怪すぎて鬼になった話
PAGE TOP