美しき日本の言葉

夏だけど、、、春はあけぼの

From:渡辺知応

最近では、おもむきある言葉もあまり聞かなくなってきた。
と、何かの本で読みました。
まぁ、だからこそ私が毎朝チマチマと日本の言葉を書いてる訳でして、、、

さて、あなたは『朝ぼらけ』という語句を聞いたことはありませんか?
これは、朝がほのかに明るくなった時の事、つまり、明け方を指します。

この『朝ぼらけ』と同義語なのが、、、
『あけぼの』です。
古い文献にはよく登場し、『ほのか』や『ほのぼの』と関連づけて使われる事が多かったようです。

清少納言の『枕草子』の冒頭部分に、、、
『春はあけぼの。やうやう白くなり行く、山きは少しあかりて』
と書かれています。
多くの方はこの『春はあけぼの』の印象が強いため、『春=あけぼの』という図式ができている事と想います。

夜明けの空は、夕暮れの真っ赤な空と違いますよね。
夜空の青と朝日の赤が差しが混じり合っています。
色でいうなら『紫がかった空』ですね。
こんな空をみると、早起きが苦痛でなくなってきます。

平安時代にこれを書いた清少納言も夜が明けるころに起き出して、、、
空を眺めながめながら、『いやはや、やっぱり夜明けがいいわよね~…』
などと、思っていたことでしょう。

さてさて、『あけぼの』を漢字で書くと『曙』となります。
この『曙』は平安時代の古い辞書では『あさぼらけ』と読ませています。

ピックアップ記事

  1. なぜお墓は石で作られているのか?
  2. 近代家族の特徴と盲点
  3. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  4. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  5. 『えんがっちょん!切ったー!』のあの指のジェスチャーってどんな意味があるの?

関連記事

  1. 美しき日本の言葉

    あの二人はいつの間にかねんごろになってしまったな、、、

    From:渡辺知応あの二人はいつの間にか『ねんごろ』になってしまったな…

  2. 美しき日本の言葉

    『しょぼくれる』とは『雨』を表した語句だった?!について

    From:渡辺知応『一回くらいの失敗でしょぼくれるなよ』とか『そんなし…

  3. 美しき日本の言葉

    『面食らう』のメンは、実は『麵』だった話

    From:渡辺知応驚いてあわてる様子やうろたえることを『面食らう』とい…

  4. 美しき日本の言葉

    拝啓 つつがなくお過ごしのことと存じます。

    From:渡辺知応 『つつがなくお過ごしのこと存じます。』と…

  5. 美しき日本の言葉

    なぜ命拾いをした時に『クワバラ、クワバラ』と言うのか?

    From:渡辺知応事をし損じて、危ない目に合いそうななった時に使う言葉…

  6. 美しき日本の言葉

    もしあなたが『◯◯の指南役』と呼ばれたいのであれば、、、

    From:渡辺知応密かに人気を集めている『恋の指南役』こと恋愛コンサル…

ピックアップ記事

  1. 物事の始まり

    あまり知られていない『鬼門』の由来
  2. ことばの由来

    『いの一番』の『い』とはいったい何?
  3. 美しき日本の言葉

    総スカンの『スカン』って何?
  4. 四字熟語

    質素な食事『一汁一菜』は本当に良いのか?
  5. 二十四節気

    百穀を潤す恵の雨の『穀雨』と魅力的だけどめっぽう強い女性たちの意外な共通点
PAGE TOP