ことわざ

転んでもタダでは起きないっ!!


From:渡辺知応

転んでもたたでは起きない。
と言えば、、、
例え自分に不利な状況であっても、何か自分の利益になるような事を得る。
といった様子を表すことわざですよね。

ずいぶんと貧浴な話で、財を成そうかという者にはかなわないという場面が思い浮かぶのではないでしょうか。

面白い事に、コレ系のことわざは多く存在します。
例えば、、、
・倒れる所に土を掴む
・こけても土
・こけても砂を掴む
などなど、色々な表現で伝えられてきました。

さかのぼれば、平安時代の『今昔物語』にも書かれているじゃありませんか。
『倒れる所に土を掴めと言われる』とね。
これは旅の途中にどこかの山道から転げ落ちて、きのこをいっぱい拾って上がってきた国守の話だそうです。
この物語は、当時の受領階級の強欲さを背景に生まれたものだといいます。

そうそう。
欲深いイメージではないけど、わらしべ長者が長者になった背景も同じような感じですよね。
わらしべ長者物語のスタートは、転んだ時に拾った1本の藁(わら)から始まりますしね。

兎にも角にも、転んでただで起き上がったのでは転び損だと。
人生もかくの如し。
転んでは起きて、起きては転び。失敗して学び、また違う失敗をして学ぶ。
『転んでもただでは起きない』とは人の生きる様を示しているようですね。

ピックアップ記事

  1. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  2. なぜお墓は石で作られているのか?
  3. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. トイレに唾を吐いてはいけない理由

関連記事

  1. ことわざ

    おおむこうをうならす

    From:渡辺知応 『大向こうをうならす』ということわざがあ…

  2. ことわざ

    物事は、なるようにしかならない話

    From:渡辺知応 失敗というのは誰にでもあります。 こ…

  3. ことわざ

    本当に健全なる精神は健全なる身体に宿るのか?

    From:渡辺知応 身体も精神も健全であることにこしたことは…

  4. ことわざ

    木から落ちた猿

    From:渡辺知応 木を生活の場としている猿でも、木から落ち…

  5. ことわざ

    7つ叱って、5つ教えて、0.03つ褒める

    From:渡辺知応 先日のことです。 10代の頃からお世…

  6. ことわざ

    現代では『柿が赤くなると医者が青くなる』とは限らない

    From:渡辺知応お医者さんが大事な仕事である事は言うまでもありませ…

ピックアップ記事

  1. 二十四節気

    雨季でもないのに『雨水』という言葉をなぜ春の季節に用いたのか?
  2. 日本の風習

    饅頭が供物の代表格である理由とは?
  3. ことばの由来

    間違った『しゃかりき』の使い方について
  4. 美しき日本の言葉

    てんやわんやの大騒ぎってどんな騒ぎ?
  5. 日本の風習

    意味不明の読経と意味がわかりすぎる家族の悲しい叫び
PAGE TOP