語源

『生命=ありがとう』の方程式

From:渡辺知応

前回の記事で『ありがとう』の原意をお話しました。
では、この『ありがとう』はいつから普及し始めたかというと、、、
実はそれほど古くはないようです。

正確な事は言えないのですが、せいぜい江戸時代の初期以降だと言われています。
なんだかもっと昔、、、紀元前から使われていたように思っていましたが、そうでもないみたいですね。
今から350年位前だったとは、、、
うーん。詳しい事が判ったらまたここで書きたいと思います。

さてさて、では『ありがとう』の語源である『有り難し』はいつ初お目見えしたかというと、、、
初期の仏典である『法句経(ぼっくきょう)』の一説に書かれているようです。

ひとの生を
うくるはかたく
やがて死すべきものの
いま生命あるはありがたし
正法を
耳にするはかたく
諸仏の
世に出づるも
ありがたし

つまり、こういう事です。

人間の身体をもって、この世の中に無事に生まれてくる事は難しいことです。
やがては死にいくのも定めだが、いまある生命はとても有り難い。
私たちの人生にとって、生きている間に正しい教えと出会い、それらを聞く事はとても難しい。
また、それらを教えてくれる人たちがこの世界にあらわれることこは、とても有り難いことなのです。

確かに。その通りですよね。
うんうん。と頷いてしまうようなお釈迦様の言葉です。
人生は楽しいことばかりではありません。
嬉しいこと
怒ってしまうこと
悲しいこと
楽しいこと
これらが味わえるのは、結局のところ生まれてこられたからこそ、体験できることですよね。

どんな莫大な財産よりも、日々の健康に勝るものはありません。
人として生まれ、この世を無事に生きるとは、まさに奇跡の連続でなければあり得ないことだということ。

生命とは『めったにない貴重な出来事』であり、これこそまさに『ありがとう』の連続だということです。

ピックアップ記事

  1. 敷居や畳の縁を踏んではいけない理由
  2. 夜に口笛を吹いてはいけない理由とは?
  3. 家の中で新しい靴を履いて、そのまま外に出てはいけない理由
  4. 近代家族の特徴と盲点
  5. なぜお墓は石で作られているのか?

関連記事

  1. 語源

    日本語の理解に苦しむ外国人

    From:渡辺知応前回、標準語と方言。さて、どちらが”標準”なのか?と…

  2. 語源

    ダジャレじゃない。縁起をかつぐ語呂合わせ。

    From:渡辺知応先日、朝の情報番組『ZIP!』を見ていたら、即興でラ…

  3. 語源

    相手おちょくるジェスチャー『あっかんべぇ』とは?

    From:渡辺知応『あっかんべぇ』と言いながら、下まぶたを指で押し下げ…

  4. 語源

    ベソをかくの語源に迫る

    From:渡辺知応 顔をしかめて泣き顔をすることを『泣きべそ…

  5. 語源

    へそくりの語源に迫る

    From:渡辺知応 べそをかくことはベソカキであり、その顔付…

  6. 語源

    チャリンコの原点に迫る

    From:渡辺知応チャリンコ?え?自転車のことでしょう?しかし、かつて…

ピックアップ記事

  1. ことわざ

    スーパーの特売日でみる光景を表すことわざ
  2. 日本の風習

    へそ手お辞儀はわざとらしい?!
  3. 日本のしきたり

    日本の歴史から見る、生涯のパートナーを見つける方法
  4. 日本のしきたり

    女人禁制を少し紐解く
  5. ことわざ

    現代の『首尾一貫』について
PAGE TOP